KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも伝承者達が筏師だったらの巻。

一九九X年、

辺りは団子の異臭につつまれた!

海は荒れ、筏は揺れ、、

あらゆる魚が逃げたかにみえた、

だが、、黒鯛は逃げてはいなかった!


ラオウ

こちら現場から今日の死闘の模様を中継です。
今日の筏はたいへんな荒れ模様のようです。
ここでラオウさんがなんと!黒王号に乗ってきました。
筏に馬で来るとは!無茶にも程があるような、、、。


「うぬのダンゴなど効かぬ!」

やはりラオウさんは常に上から目線ですね。

「感じぬ チヌの気配など微塵も感じぬ」

しかし〜、チヌの気配がないようです。
ここでケンシロウさんがアドバイスしてるようですよ。


「奥義を尽くさねばここのチヌは釣れんぞ!」

「貴様の本アタリはあと5秒!」

ケンシロウさんには海中のチヌが見えてるのですね!凄い!
報告です!今トキさんが到着したようです!
トキさんは早い潮が得意ですからね〜、さっそく何か言ってます。


「激流を制するは錘」

アミバさんはどうやらダンゴで苦戦してるようです。

「ん!? まちがったかな、、砂の量」

おっとケンシロウさん、釣れなくてアミバさんに八つ当たりです。

「貴様にはボウズすら なまぬるい!」

いつも冷静なレイさんもおもわず、

「てめえらの練り餌は何色だー!」

レイさんはどうやら練り餌の色にこだわってるようです。
一方、ケンシロウさんは流石ですね!一番先にチヌを仕留めてます。


「やめておけ!おまえらとおれとではダンゴが違いすぎる」

トキさんは既にケンシロウさんのダンゴの違いに気づいたようです。

「ケンシロウのダンゴは
わたしの想像を はるかに超えている!」


ここで殺気立つ皆をユリアさんが諫めてますね。

「まだ釣ろうというのですか!もう勝負はついたはず」

おっと!それでもラオウさんとケンシロウさんは収まりがつかないようです。

「もはや次の一撃が、
われらの最期のダンゴとなるだろう。」


激しい死闘でしたが、ついにケンシロウさんが勝ったようです!!

「渡船に乗るに人の手は借りぬ!」

ええ〜、ラオウさん、黒王号置き去り?渡船で帰っちゃったよ〜(汗)

「我が釣道に一片の悔い無し!」

もうやめとこう、
ブログの方向性が変わってしまう(笑)



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ダンゴゲリオン発進!

 たまにはおふざけも、、、
 でもアニメ知らない人見たら、私はただのアホだな。

タイトル1

タイトル2

タイトル3

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。チヌ釣り情報満載です!

戯れ言シリーズ 「ダンゴに混ぜるぜ〜」

チヌのダンゴは昔から、

驚くような物を混ぜるヤツがいるぜ〜!

釣友がサントリーオールド1本入れた時は、

コイツには完全に負けたと思ったぜ〜。

栄養ドリンク混ぜたヤツもいるぜ~。意味わからないぜ〜。

味噌を入れたやつもいるぜ~。臭すぎて触れないぜ〜。

味の素入れたヤツも沢山いるに違いないぜ〜。

まだまだあるぜ〜。

スキムミルクを入れると濁りが増すかもしれないぜ〜。

保証はしないぜ〜。

濁りなら白い絵の具もあるぜ〜。

環境破壊だから、やっちゃダメだぜ〜。

臭いならヌカ味噌もあるぜ〜。

でもオキアミがぬか漬けになるぜ〜。

もう終わるぜ〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

普段は真面目だがGWだから
ふざけてみたぜ~

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。かかり釣り情報満載です!

貴方は何派?

釣り終了

釣り人達は、頭からつま先まで、
全て自分のお気に入りメーカーで揃える方も多い。
そうした釣り人達はこう呼ばれることも。

がまかつ派は「ガマラー」

シマノ派は「シマラー」

で、ダイワは??

ネット検索でも出てこない、、、

私の場合、ウェアや用品がダイワ派なので、

自ら「ダイワマン」と呼んでいますが。(笑)


さて、まだまだメーカーはありますぞ!

黒鯛工房派は クロダーかな? いや黒ちゃん?それはないか。

マルキュー派は マルちゃん? 

もう「ちゃん」付けるのヤメとくか。本気で怒られますな(汗)

サンライン派はサンライナー? どっかで聞いたことあるな、、

東レ派は? う〜ん、、、「とうちゃん!」 

うっ、また言ってしまった。

そ、それはマズいぞ! 星 飛雄馬になってしまう。(汗)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各メーカー派の方々、くれぐれも冗談ですぞ。
あくまで釣りバカの戯れ言ですぞ。
釣り人は心が広くて、ご寛大なのですから、平にご容赦を。

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

もしもバスアングラーが筏へ釣りに行ったら?の巻。

バス1


バサー達だけでなく、今ではソルトルアー系のアングラー達も英語が元となった用語を使っている。黒鯛かかり釣りも「フリーフォール」「リアクション」「ダウンショット」など、最近どんどんと呼称が欧米化していると思うのは私だけかな?(笑)

そこでジョークですが
もしもバスアングラーが、黒鯛かかり釣りのレポート書いたらこうなるかも!をご覧下さい(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずはモーニングバイトを狙ってノーシンカーで、
ミドルレンジを中心にボトムまでフリーフォールさせてみる。

しかしバイトどころか、全くシグナルが無い。
スポーニング時期だけに黒鯛はナーバスなようだ
今日もタフコンディションなのか?

次はダンゴに包みバーチカルにアプローチする。
ダンゴから抜け出た瞬間にバイト!
キャッチしたのは腹パンのスポーニング黒鯛。
ジャスト45cm!充分なキーパーサイズだ!

しばらく反応が無いため、次は3Bのシンカーをセットして
前方にキャスト、そしてカーブフォールさせてみる。

するとミドルレンジで強烈なバイトアクション。
すかさずフッキングを入れ少々強引にリトリーブしランディングすると、今度は30cmノンキーだ。もちろんすぐリリース。

再びダンゴにチェンジし、リグをノーシンカーに戻した。
早い潮流に手こずりながらもボトムトレースを心掛けるが、
どうも潮流が早すぎるようだ。ここはタングステンシンカーでボトムステイさせた方が良いだろう。

すぐさまショートバイト気味のサインからのフックアップ!
ランディングしたのは50cmオーバーのランカーだ!
続いて45cmジャスト!
今日のストロングパターンが掴めたような気がする。

やはり今日の黒鯛はミドルレンジが弱く、ディープレンジというよりボトムが強いようだった。
次の釣行はアフタースポーンから快復した荒食いに期待するか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私のジョークであり、さすがこんなカカリ釣り師はいないよ(笑)
でも私の場合、50%は当てはまるような気がするな(汗)
皆さんはどうですかな?



にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。