KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックルは揃ったのに、、、

全層イカダ釣方用に新しいスピニングロッドやラインまで揃えているのに、仕事の休みが少なくなかなかテスト釣行できていません(泣)

でも次の釣行では、PE0.4号とナイロン1.25号の2種をセットしてテストするつもりです。個人的にはPEラインが使えたら良いなと思っています。

何故かと言うと、ナイロンラインは劣化や巻きグセが酷くなるから2回使えばもう限界。でもPEラインなら表面のコーティングは落ちてもある程度長く使えますからね。PEラインは高いけどトータルコストで考えれば経済的ですね。

全層イカダのスピニング定番ラインはどっちだ!?

ラパラ2


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

全層イカダ・ロゴデザイン完成!

全層ロゴ

NEWスタイルかかり釣り「全層イカダ」の
ロゴデザインが完成しました!


新釣方にかける意気込みを熱く語ってたら、デザイナーのI氏とY氏が創ってくれました。とてもカッコいいデザインです。孤軍奮闘中の新釣方だけど、ここまで来たら途中で止めるわけにはいかなくなっちまったぜぃ!行き着くところまで行ってみるか!

IさんYさん、本当にありがとね〜!!!
全層ステッカー2
あとはクーラーボックスやバッカンに貼るステッカーを作ろう!
誰か貼りたい人いるかな〜?



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スピニング研究のつづき。

前回釣行では1.8mのかかり釣りロッドをスピニングリールで試しましたが、まだまだ不満点が多くスピニングタックルの研究は長引きそうです。前回の反省点としてロッドの長さが足りないこと。そしてやはりスピニング用のガイド設定でなければダメですね。

そもそも、かかり釣り用のスピニングロッドなんて
世の中に売ってないのだから苦労するのは当たり前か、、、


それではとロッドメイキングにも挑戦しようと思っていましたが、もう少しロッドコンセプトを掴んでからでなければ、それも無駄足となっていまします。そこで急遽新しいロッドを購入しました。ソルトルアー用2.1mスピニングロッドですが、0.7mmの柔らかいソリッドディップを持つロッドを見つけたので、次回はこのロッドでテストするつもりです。釣具店で数多くのソルト用ロッドを触ってやっと見つけることができました。とにかくディップが柔らかく、バットパワーもぎりぎりセーフかな?懲りないね~(笑)

ダイワロッド

とりあえずこのロッドなら答えが見つかりそうな予感がしたから、おもわず購入することになりました。まだ時間と検証が必要ですが、少しだけ筏かかり釣り用のスピニングタックルの可能性が見えてきました。まだまだ入口ですが。

ロッド

そしてラインの選択も重要。糸ヨレを軽減させようとすれば細いラインにしなければなりません。またスイベルに結ぶハリスもウキフカセ釣りのように長くできないので、はやりクリアラインが必要です。前回テスト釣行では2000番リールに1.5号ラインは少し太いようだったから、次回は1.25号のクリアカラーのナイロンラインをセレクトしました。スピニングリールには「ドラグ機能」があるから1.25号なら全く問題ないでしょう。

ライン

バスフィッシングに夢中になっていた頃は、4ポンドラインでランカーサイズのバス掛けても、ドラグがジージーと鳴りながらもランディングできていたから、年無しヒットしてもなんとかなると思います。もしどうしてもナイロンラインが使いにくければ、今後はPEラインという選択もあると思います。PEラインであれば0.4号くらいでしょうか。

最後に私がスピニングにこだわる理由は、数年前に新釣方をテストしていた時に48cmの黒鯛をヒットさせた時のロッドワークの感触が最高だったからです。だからもう一度味わいたくて再挑戦しています。

ライトタックルの細ラインでドラグを鳴らす快感!(笑)
黒鯛かかり釣りのフィネスフィッシングを目指して頑張ります!



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


新釣方テスト in 切串の筏

10月14日(日)、新釣方テストのために広島宇品の「さくら渡船」さんで江田島に向かいました。当日は西瀬戸いぶし銀メンバーのK氏と知人の方2人の計4人で切串の筏に上がることに。しかし私の釣り方はフカセ釣りのようにマキエを上撒きするので、ご迷惑がかからないよう隣の離れた筏に一人で上がりました。

10.14筏全景

この切串の広い筏群の1基を一人で独占!贅沢させていただきました。

さくら渡船さんでは筏の上にコンパネを敷いて釣るスタイルですが、季節や釣況によって釣れているポイントに上がれるから、コンパネのメリットは意外と大きいのです。さらに釣り途中でもコンパネは移動できるので、潮の変化にも対応できますね。

10.14筏風景

さて、この日は新釣方のテストなのでタックルは、通常のかかり釣りロッド1.5mと下向きリールに加え、スピニングタックルも用意してテスト開始です。この日は大潮ですが朝一は潮が止まっているようです。早速マキエを自作マキエ杓で数メートルの範囲に適度に打ち込みます。マキエはオキアミ生6kgを半解凍でスライスし、各種配合材と水分多めに混ぜ合わせます。これはほぼウキフカセ釣りと同じマキエに近いですが、水深20m、そして大潮であることを考慮して沈下速度の早いものを使用しています。

10.14マキエ

ところで、新釣方と言っても実は簡単な釣り方です。

ダンゴの代わりにオキアミ等の固形物の多いマキエを上から撒くだけ。あとは自分でネーミング(ZENSO-IKADA)しているように、初めから中層から底まで全層を狙う釣りスタイルとなります。但しダンゴで仕掛けを落とせないところが通常のかかり釣りと大きく異なります。したがってラインにはガン玉セットが必須となります。この釣りはあくまで全層を狙うことを考えた釣りでありマキエは上から自然に沈下させ、仕掛けをその帯に同調させながら黒鯛に違和感を与えないように喰わすことに注力します。

もっと詳細な釣り方の説明は近々ブログで!

この日は残念ながら終日に渡って黒鯛は浮かず、ほぼ底付近ばかりでヒット。したがって前方広範囲の中層を狙うスピニングタックルの出番は殆どなかったわけですが、黒鯛が浮くような状況であれば活躍する機会が増えると思います。でもスピニングロッドとしてガイドの改良点や最適なのロッドの長さなどを確認することができましたので、次回テストに向けて収穫の多い1日でした。

ここで余談ですが、
グローブ

この日は終日フィッシンググローブをはめて釣りました。
手にはとても優しいし、真冬には防寒対策として活躍するでしょう!


10.14釣果

結局この日は40cm頭に15匹とまずまずの釣果。ヒットパターンはB〜3Bまでのガン玉をセットして仕掛けを落とし、ほぼ底付近に到達する時にアタリがある展開です。後半潮の流れが強くなってからも、やはり底付近を流れに乗せて流してアタリをとる展開に。しかし、これから黒鯛が浮いてくるようになれば、新釣方ならではの面白い釣りが展開できそうな予感がしています。

まだ2回の新釣方テストですが、上撒きマキエのかかり釣りでも、
ダンゴに負けないくらいの釣果が期待できると感じています。
スローな釣りとなる冬から春の検証が楽しみです。


しかし次回への課題も見つかりました。それはマキエの比重を重くし過ぎた事。釣れた黒鯛の多くがマキエを口から吐き出しながら上がってきましたので底にマキエが効き過ぎたようです。帰りに、さくら渡船の水口宏テスターにマキエワークの考え方をいろいろと教えて頂き多くのヒントも得たので、次回は軽めの配合材もブレンドして黒鯛をマキエで浮かすようにトライするつもりです

まだまだ「ZENSO-IKADA」の研究を頑張ります!


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スピニングリールの弱点とは?

快晴の筏

あの前方の筏付近へ潜む黒鯛を狙いたい。
あるいは筏直下ではなく、
遠巻きに様子を伺っている奴を仕留めたい。


軽い仕掛けを遠投できれば、必ずここ一番の武器となる

新釣方では状況に応じてスピニングリールの出番があると考えています。黒鯛が中層に浮いていたり、また一つの筏に多くの人が上がっていて、黒鯛が足下を嫌っているような場面も多々ありますね。そんな時にガン玉B以下のような軽い仕掛けを遠くにキャストしたいと考えます。しかし下向きリールでごく軽い仕掛けをスピーディーにキャストできるでしょうか?またキャストして距離は出るのでしょうか?

やはりスピニングしかないでしょう。但しこのスピニングリールには構造上の弱点があります。皆様もご存じのように「糸ヨレ」の問題です。

スピニングタックルは、糸ヨレを解決しなければ使えない。

かかり釣りでは、ガイド数が多く穂先の細いロッドを使用します。そのようなロッドでは「糸ヨレ」は致命傷です。なぜならラインが糸ヨレによってガイドに絡んだり、ライン放出が困難になるでしょう。おそらくスピニングタックルが使われない最大の理由ではないでしょうか。

さらに、かかり釣りではライン回収の際にサシエが残っていれば、仕掛けがクルクルと回ってしまい強烈な糸ヨレが発生します。これは下向きリールでもやっかいなので、なるべくサシエを切って回収するようにします。しかしどうしてもサシエが残ってしまい糸ヨレが酷くなることは完全には回避できません。

このように下向きリールでも「糸ヨレ」は時としてやっかいな問題なのですが、スピニングリールに至っては空仕掛けを回収するだけで糸ヨレは少なからず発生します。

スピニング

道糸とハリスをスイベルで結ぶ。

そこで、私は新釣方でスピニングタックルを使う際に「スイベル」又は「サルカン」つまりヨリモドシをセットして使います。これなら仕掛け回収時の「糸ヨレ」をある程度は防ぐことができます。実際に効果が検証できていますので、現状で「スイベル」は必須アイテムかなと感じています。

次にスピニングリール(私は2000番を使用)に巻くラインですが、強度やのびが少ないことを考えるとフロロカーボンを使いたいところですが、フロロなら1.2号程度が限界でしょう。やはり過去のテストから道糸ととなるラインはナイロンラインが使いやすいと思います。これはスプールへの馴染みがナイロンの方がしなやかで良いからであり、フロロカーボンで1.5号クラスとなると、ライン自体が固いためにキャスト時にトラブル続出となることもあります。

まだまだテスト段階ですが、過去の実釣では、フカセ釣り用1.5号ナイロンラインにスイベルをセットし、フロロハリス1.25号の組み合わせが一番良いように感じます。

2m〜2.4m前後のロングロッドが必要となる。

ここで注意すべき点は、1.5m未満の短いロッドや、通常のかかり釣りロッドの標準的な穂先ではスイベルをセットできないと思います。ハリスを長くできないし巻きすぎたら穂先がすぐ折れるでしょう。そこで私は過去にメバリングやアジング用の2.4mロッドを代用品として使用していました。これなら折れる心配はないですからね。しかし穂先が太すぎてダメ!

そこで今回は0.7mm穂先を持つ1.8mロッドを購入し実釣テストを再開しようと思っています。本当は2.1m〜2.4m程度のロッドが理想なのですが、こればかりは完全自作するしかないのでしょう。まずはこのテストロッドで実釣報告したいと思います。

10月14日、宇品さくら渡船で実釣テスト予定です!釣れるかな?


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


ニュータックルの準備。



かかり釣りにスピニングタックルなんて不似合だけど、新釣方「ZENSO-IKADA」では、小さなシンカー(ガン玉ならB程度まで)をセットしてキャストする為にはどうしても必要と考えています。しかし、販売中のかかり釣りロッドをスピニング用に改造しても、穂先が細すぎてキャストには向かないでしょう。

そこで新釣法用のスピニングロッドは完全自作するまでテストはできないなと思ってました。しかし、ガイド数が少なくて0.7mm穂先という丁度良い太さと硬さ、さらにスピニングリールに相性の良いEVAグリップの1.8Mロッドを運良く見つけたました。これでテストをするつもりです。スピニングを装着した感じや、振った感じの手応えはまずまず。

しかしこんなロッドよくあったもんです。ネットで探しまくって日本で唯一のロッドがあったんです。かなり安かったのですがテスト用には最適!でも今後はガイドの改造が必要ですね。

ニュータックル

さて、カップの大きさの異なるショートマキエ杓も微調整し制作完了。この組み合わせで筏へ釣りに行った人はいないだろうね~(笑)さあ、ニュータックルを引っさげて次回テスト開始です!

なんでこんなタックル必要なのか?は過去記事をご覧くださいね。



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。