KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-ZERO中国支部・発足記念大会の報告

11月25日、今年新たに設立された「K-ZERO中国支部」のお披露目大会が行われました。快晴無風。絶好の釣り日和となりK-ZEROメンバーや一般参加者の方やキッズまで合わせて21名の筏師が集まり腕を競い合いました。

11.25集合写真

大会場所となったのは広島宇品・さくら渡船さんで行く「江田島・津久茂の筏」です。でも少し不安が、、、先週の釣行で私がボウズをくらった場所なんです。大丈夫か?私も大会運営をお手伝いしている立場上、とにかく皆さんに黒鯛を沢山釣ってもらわなくてはなりません。

11.25風景2

今回の大会は4基の筏に4人〜6人が上がりました。この位の人数であれば皆さん普段と変わらない釣りが楽しめそうです。ちなみに私は朝一の抽選で「角」を当てました。大会にめっぽう弱い私はくじ運を味方につけるしかない(笑)最近はダンゴ握ってないけど、今日はひょとして!!

11.25風景1
山本釣果

終日ほぼ無風の快晴で、皆さん大会を楽しんでいただけたと思うのですが、急激な水温低下の影響で、この日の釣果は0〜最高8枚という激渋でした。普段なら二桁釣果は軽く達成できるのですが、やはり大会となるとなぜか渋い日になることが多いですね。何で?

表彰前

さて、事故もなく大会も無地終了。港に帰ってからいいよいよ測定開始です。この日はK-ZEROルールにより1匹長寸・釣果匹数・総重量の3部門の合計ポイントで順位が決まります。今回は協賛いただいた各社様から多くの賞品をご提供いただき、表彰式も大いに盛り上がりました。そしてK-ZERO中国支部・発足記念大会を制したのは?

森か金会長・優勝
やりました!中国支部長「森兼さん」です!支部長としてここ一番にやってくれました〜!大会準備で大変だったのにお見事です!この日の最多枚数8枚で優勝です。
二位・下倉
準優勝は「下倉さん」です。大物賞もダブル受賞です!今年の黒鯛工房杯in広島も入賞され、先月の西瀬戸いぶし銀大会も優勝。流石です。

ちなみに、いつも参加賞専門の私ですが、この日は釣り座のくじ運に恵まれ三位でした。後半釣れる気配の無い中なんとラスト1分に4枚目が釣れるというミラクルで入賞できました。感謝!!

木村ジュニア
そして!ジュニア部門優勝は「木村くん」。良型チヌ2枚です。なんと全体でも7位です。凄いぜ!やったね〜。黒鯛工房杯V2のお父さんの英才教育か?

賞品集合写真

さらに各賞やくじ引き大会などで盛り上がり大会は大成功となりました。協賛いただいた各社様から多くの賞品を頂いたので、参加者全員に賞品をお渡しすることができました。

そして大会にご参加いただいた皆様ありがとうございました。大会スタッフの皆さんお疲れ様でした!これからも中国地方の黒鯛かかり釣りを盛り上げてまいりましょう!

協賛頂いた各社・団体様(順不同)

レジャーフィッシング様
釣具のポイント・西広島バイパス店様
さくら渡船様
大衆居酒屋・パル様
西瀬戸いぶし銀様
K-ZERO本部様


この度はご協賛いただき誠にありがとうございました。
K-ZERO中国支部・会員一同より御礼申し上げます。


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

異種釣方戦の結末は?

ウキフカセ釣りVSかかり釣りVS新釣方!
広島・津久茂のイカダで三つ巴の戦いに挑んできました!


11.18風景

絶好の釣り日和!しかし、、、

筏釣り頂上決戦!や男達の仁義なき戦い!とか書いて
かな〜り大袈裟に予告した異種釣方戦ですが、、、、


やらかしました〜、あり得ない事態に、、、
まさかの3人完全ボウズ(大汗)!!


ブログやTwitterで多くの方にご注目頂いていたのにな〜(泣)
まさかこいつが釣果写真になるとは、、、
フィッシュグリップも使えんわ〜!

ガンゾウ

結局3人の釣果はガンゾウヒラメ2枚、トラギス1匹のみという醜態。海が死んでました。ほぼ終日生命反応無し!ブログで紹介できる出来事も無し!寂しく帰路に。まあいくら良く釣れる広島と言えど釣堀じゃあない証拠です。こういう日もあります。しかしな〜、広島筏でボウズは数年ぶりですよ!勘弁してくれよ〜、、、

この日の様子は「ラシャオウのいぶし銀Story」にも載ってます。ぜひご覧ください。
http://rashaou.blog.fc2.com/

二人
ラシャオウさん、Nakachangさん、お二人とも笑っているように見えますが、虚脱感の中で壊れかけてます(笑)でも二人は凄腕の釣り師であることは間違いありません。けれども今回はどうしようもなかった。しかし!男達の戦いです。誰が一番か決めなければなりませんな〜。ラシャオウさん、Nakachangさん、懲りずに再戦しますよ〜!

次回、異種釣方「続・仁義なき戦い」
やるしかあるまい!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
K-zero
さて11月25日(日)は、K-ZERO中国支部 発足記念大会が、広島・江田島周りのイカダで開催されます。大会が成功するよう運営のお手伝いを頑張ります!釣りも頑張りたいので当日は久しぶりのダンゴモード全開で挑みます!


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


次回、異種釣法によるイカダ三つ巴戦!

時は11月18日、
戦いの場所は広島宇品・さくら渡船で行く江田島の筏。
異種釣方3人の男達が同じ筏に並び、
いよいよ世紀の対決が今始まろうとしている。



筏釣り頂上決戦!

ウキフカセ釣り VS かかり釣り VS 新釣方

広島湾で繰り広げられる男達の
仁義なき

異種釣方戦、果たして勝つのは?

こうご期待!



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村



フィッシュグリップ最高!

グリップ1

今更ながらフィッシュグリップ使ってみました。
これは一度使えばもう手放せません。


前から欲しかったフィッシュグリップですが、某メーカーの黒鯛専用のモノはちと値段が高すぎて買えなかったわけですが、「PROXフィッシュキャッチャー」というリーズナブルな製品を見つけ購入しました。デザインも質感も、そして使用感もかなり良いです!

グリップ2

こんなにも便利で安全なタックルだったとは!

今までは玉網の中で暴れる黒鯛をタオルでつかんでいましたが、いつも黒鯛の鋭利なヒレに手や指を刺されていました。しか〜し!このフィッシュグリップを使えば安全で、さらに針外しもカンタンに!こんなにも便利ならもっと早く使っていればと後悔しきりです。

某メーカーの黒鯛専用と比べ少し小さいですが、使用に何の支障も問題もありません。なんと言っても価格が4,000円前後とリーズナブルなのが嬉しい。カーボンまで装着されていますからカッコイイですね。でも某メーカーの専用品も欲しいな〜。

フィッシュグリップ、まだ持っていない方は絶対にお勧めします!


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スピニング&極細PEラインの釣り方。

全層ロゴ小
スピニング&極細PEラインによる筏の釣り方を紹介します。
テスト中ですが、このタックルだとガン玉Bで軽く15m以上飛ばせます!
邪道な釣りかもしれませんが、参考までに。


タックル
2.1mのアジング用ロッド(ディップは0.7mmのソリッド)に0.4号PEラインを巻いた2000番のスピニングリールをセットします。PEラインの先にはリーダーとしてフロロハリスの1.5号を極小スイベルで1.5m程度をセット。スイベルの下10cm程度の場所にガン玉を付けます。今回使用したガン玉はB~3Bです。潮流とヒットするレンジにあわせてセレクトします。ガン玉Bでも軽く15mはキャストできる感覚です。但しノーシンカーではPEの浮力で仕掛けが沈みません。ガン玉は必須です。

PE・リール

マキエ
マキエとして用意したのは、オキアミ生6kg(半解凍でスライス)に比重高めの配合材を約12kg程度混ぜ合わせました。そしてこれを前方10m前後・5~6m四方のエリアに均等にマキエを打ち込みます。狭いエリアに集中してマキエを打ってしまうと、サシエとマキエを同調させる範囲が狭くなりますから、ダンゴと違ってある程度広範囲に撒くことが重要です。マキエのタイミングは前打ち・後打ちに加えマキエの煙幕が途切れないように適時追加で打ちます。そしてマキエを撒く時も座って釣るため、ウキフカセ用のマキエシャクでは長すぎるので、私の場合、超ショートタイプのマキエシャクを自作して使用しています。

マキエ

釣り方
マキエを打ち込んだゾーンの中心にサシエが着水するようキャストします。キャスト後サシエは沈下しますが、PEラインは浮力があるためライン全体が浮いており、投入点に近いところへライン引っ張られながら沈んでいくような状態となります。これがサスペンドのナイロンやフロロと大きく異なる現象です。

そしてPEラインが引っ張られていくのに逆らわずにラインを放出しアタリを待ちます。しかし潮が速い時間帯は多少ラインにテンションをかけたりラインを動かしたりして、サシエの沈下する位置をコントロールする必要があります。これは「ウキフカセ釣り」のラインメンディングと同じ。サシエとラインの位置関係を潮の流れや風に応じて上手くコントロールすることが必要です。

余談ですが、PEラインの浮力がウキの代わりをしてくれている感覚があります。これがフロートタイプではなくサスペンドタイプのラインであれば、すぐライン全体が沈んでしまい、ウキという支点が無い為、サシエが手前に引っ張られてしまします。PEの効果が意外な部分で発揮されました。

スピニングスタイル

アタリの取り方
そしてアタリですが、かかり用の極細の穂先の繊細なアタリとは全く異なり、中層釣り中心となるためにアジングロッドのディップでも大きく引き込むアタリが殆どです。ここで大アワセは全く必要ありません。PEラインは伸縮性がほぼない為、リールで巻き上げるだけでしっかりとフッキングできます。ここで大切なことですが、通常のかかり釣りの感覚で強くアワセれば短いフロロリーダーではラインが切れます。

そして大きく引き込まれるアタリ以外にも、コツンコツンと手元まで響くアタリが頻発することがあります。これもPEラインならではの感度の良さであり、エサ取りのアタリも明確に伝わってきます。

潮流への対応
私の釣行する広島の筏釣りの場合、1日の内で潮流が大きく変化します。前回釣行では朝はイカダに向かって潮が流れていましたので、約水深分の13~15m分をキャストして筏下にカーブフォールさせるような釣り方をしました。後半は逆方向の潮に変わったため、7~8m程度キャストして潮の流れに任せながらサシエを自然にフォールさせるようにしました。この場合だと「サシエ先行」で流せることが良かったのか、圧倒的に後半の潮が良く釣れました。

広島は潮流が速い筏が多いのですが、このスピニング&PEラインの釣りは、個人的には潮流の緩やかなところで効果をもっと発揮するのではと感じています。ダンゴを使わないアケミ貝やボケ等の広角にも使えるような気がします。

ガン玉B以下の軽い仕掛けを遠くへキャストできることは今回実証しました。
通常のかかり釣りでも結構使えるシーンが多いような気がします。
さあ、もっとも研究したかった「低水温期のテスト釣行」のスタートです!!


カモメ

カモメ達が邪魔しなかったら釣りやすかったのに。実は1羽釣りました。(笑)



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

全層イカダ、スピニング炸裂!

11.3スピニング

スピニングタックルの筏かかり釣りはいける!

11月3日、宇品さくら渡船で新釣方「全層イカダ」のテスト釣行に行ってきました。今回の目的は、もちろんスピニングタックルとラインのテストです。

新釣方でどうしても確立させたかったのが、スピニングタックルを使った全層イカダ釣り。筏直下の釣りだけではダメ、もっと広いエリアや狙うことのできる釣りをしたい!という気持ちが強く、それを実現するにはB程度のガン玉でも素早く遠くへキャストできるスピニングタックルを使うしかない。そこで、どうしても今回の釣行でスピニングの釣りを成立させたかったのです。

結果は予想以上に大成功でした!この日は21匹の黒鯛を釣りましたが20匹がスピニングタックルの釣果です。さらに今回の釣行テストでは大きな収穫がありました。この日スピニングリールに巻いたのはコーティングが施されたラパラの0.4号PEライン。そしてフロロハリスをスイベルで結束したリグで試しました。

fc2blog_20121103211535433.jpeg

なんとPEラインがここまで使いやすいとは!!

PEラインは柔らか過ぎてコシがなく、使いずらいイメージが強かったのですが、終日使用してライントラブルはゼロ!糸ヨレも発生せずとにかく使いやすい!ナイロンやフロロの道糸と比べ圧倒的にいい!ガン玉Bの仕掛けでもキャストすれば10mは軽く飛びます。しかもラインに巻き癖が付かないからラインメンディングが快適そのもの。いや~衝撃的な使用感でした!

fc2blog_20121103211719135.jpeg

釣り方はマキエを自作ショートシャクで前方7m~10mで5m四方ノエリアに拡散させて投入、ガン玉B~2Bで落としていきました。殆どの黒鯛が底から1~2mのタナで喰ってきました。アタリは穂先を引ったくっていくような強烈なアタリばかり。これは中層であることに加え、伸びが全くないPEライン独自の効果だと思います。

この釣りに細い穂先は無用でした。
それほど中層釣りとPEラインの組み合わせは
衝撃的な結果を導き出したと感じています。


とにかく私の釣り人生の中でも、新たな釣りを発見した喜びと興奮でいっぱいです。筏かかり釣りにスピニングを使うことや、ましてマキエを上撒きなど笑われるような釣り方かもしれません。しかし今年3回のテスト釣行ですべて二桁の好釣果。まだまだテストは続きますが、しっかりと釣れることは実証できたような気がします。

最後に、2.1mのロングロッドでスピニングリールのドラグが
ジージーと鳴るのは病み付きになりそうです(笑)


使用タックル
・ロッド:ダイワ月下美人(0.7mmソリッドディップ)2.1m
・リール:ダイワ2000番スピニングリール
・ライン:ラパラ0.4号PEライン(ハリス1.5号)
・フック:掛かりすぎチヌ2号

マキエ(上撒き)
・オキアミ生6kg(半解凍スライス)
・瀬戸内チヌ1袋
・チヌの道1袋
・爆寄せダンゴ1袋

サシエ
・激荒コーン・オキアミ生

fc2blog_20121103211839d15.jpeg

次回は「全層イカダ」の詳しい釣り方を紹介してみます。



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。