KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに開幕!大黒神島のチヌパラ劇場。

黒神島

ついに始まりました!
大黒神島の乗っ込みチヌパラダイス。


4月29日、いぶし銀メンバーさん達と計5人で爆釣が始まったばかりの大黒神島の筏に「広島・宇品さくら渡船」さんで行ってきました。写真に見える島が大黒神島です。毎年GW前後から5月下旬までの間、アベレージ40cmの黒鯛が一人平均40~50匹釣れるという、まさにチヌパラダイスのシーズンがやってきました。誰かが運良く数釣りできるのではなく、ほぼ全員が入れ食いモード楽しめる日も多いのです。

この日は5人の中で私だけ「ライトフカセ」で挑みます。皆さんは正統派ダンゴかかり釣りですね。当然ながらライトフカセも負けないように頑張るつもりです。さて釣り開始1時間以上は餌取りのメバルが少し釣れる程度で全員少し不安に感じながらもその時を待ちます。マキエもそろそろ効いたはず、、

そして、やはりY氏が40cmオーバーの良型をゲット!
ここからチヌパラ、スイッチオン!

入れ食い

黒鯛の入れ食いモード突入!みんな一斉にロッドを曲げ始めます!!

木村親子

ラシャオウさん親子もダブルヒット!!さすが「チヌパラ」です!
で、、、私は?、、、一人沈黙、、ズタボロ、、(泣)


写真見たらおわかりだと思いますが、みんなの爆釣劇場を至近距離でずっと見てましたよ。ライトフカセは完全に撃沈!ダンゴに精神的にもズタボロにされました(涙)ダンゴかかり最強ですね。言い訳ですが4対1じゃあ勝てません(笑)

しょうがないからラシャオウさんの真横にロッド一本持って割り込み釣らせてもらいましたよ。武士の情けでダンゴ落としてもらって、さらにサシエのコーンまでもらって黒鯛2匹釣らせてもらいましたよ。実は邪魔しに隣へ行っただけですがね(笑)

木村ドヤ顔

この日の竿頭はラシャオウさん!流石ですね。ドヤ顔一枚撮っておきました。
なんと全て40cmオーバーの黒鯛ばかりを40匹もゲット!大鯖の回遊がなかったら余裕で50匹以上はヒットしたと思います。終わって見れば5人でジャスト100匹。ちなみに私を除けば4人で95匹です。はい私5匹でした。(笑)

貧釣果

私の貧果なスカリですが、立派な大鯖が入ってます!一番大きな鯖はワームで釣りました。黒鯛もワームでヒットしましたがバラシ。そうです、途中で壊れてワームで遊んでました。ダンゴ釣りならワームでも確実に釣れますね。恐るべし黒神のチヌパラ!

鯖みそ煮

そして傷心の私を癒やしてくれたのは、嫁が作ってくれた釣れた鯖の味噌煮と日本酒でした。でも次は50匹釣ったる!と言ってもダンゴかかり釣りが初心者でなければ皆さん50匹オーバーが狙えますよ!もう少しでウキフカセ釣りも爆釣りが始まります。年に一度のお祭り騒ぎですが良型の数釣りは面白いですよ。是非みなさまも。

次回予告!
5月3日は「正統派かかり釣り」でリベンジしてきます(笑)


いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

二枚潮攻略法の巻(自己流ですが)

4月21日、私が所属する「カセ・筏師CLUB西瀬戸いぶし銀」の大会に参加してきました。当日は達磨会の皆様をはじめ多くの方にご参加いただき年無しも3匹出るなど大盛況の大会となりました。半年ぶりのダンゴかかり釣りでしたが、釣り座のくじ運と一発大物に恵まれてまさかの優勝。そこで当日の釣り方をいろいろ聞かれましたので、少しだけ私流のメソッドを紹介してみたいと思います。またドヤ顔ですが、、(笑)

谷年無しポーズ

ダンゴかかり釣り二枚潮攻略法。(自己流です。)

ダンゴ釣りの時に私が実践する二枚潮対策は、ガン玉活用を最も大切にしています。大会当日は朝から真横に上潮が強く流れる二枚潮(水深約20m)。底潮だけが流れる場合はサシエを流して釣ることも多いですが、上潮が強く流れ底潮が動かない、あるいは逆方向に少し動く場合には迷わず大きめのガン玉を使った釣りにチェンジします。

二枚潮ではダンゴが流れる方向と逆方向にサシエが移動してしまう。

底潮だけが動く時はダンゴとサシエが同じ方向に流れますので、そのままサシエを流しても黒鯛は喰ってきます。しかし二枚潮の場合、仕掛けは上潮に引っぱられてしまいダンゴマキエのポイントからサシエがどんどん離れていきます。まして底潮が逆に流れていればダンゴマキエが流れる方向とは逆にサシエが流れるという最悪の状態となります。

つまり二枚潮は流してもあまり好結果は得られません。ガン玉を使って上潮方向にサシエを流されないようすることと、底潮にサシエを乗せることが重要です。なるべくダンゴで作ったマキエゾーンの範囲内にサシエをキープすることを心掛けます。

ラインをやや張った状態で上潮の強さとガン玉を相殺させる。

当日は5Bを中心に釣りました。時折潮が緩むと3B・4Bも使いましたが、潮がほぼ終日強めに流れていましたのでメインは5B。私のガン玉のセレクト方法ですが、ガン玉を付けて強制的にサシエを止めることは、ダンゴアタックのある高活性の時だけです。通常ガン玉が重すぎると底を引きずるような状態となり黒鯛は喰ってきません。したがってラインを少し張りながらサシエが少し浮き気味の状態をキープできるようガン玉のサイズをセレクトします。ちなみに私は常に穂先でラインにテンションをかけています。

これならば上潮の抵抗とガン玉の重みが相殺され、サシエと仕掛けが浮いたナチュラルな状態を作り出すことができます。そして黒鯛に抵抗感を与えずに喰わせることができます。大会当日の潮は4Bでは上潮に負け8Bでは着底してしまう。結果として選んだのが5Bでした。本当は6B・7Bが欲しいと思うくらいガン玉のサイズにはいつも気を遣います。

細かいアタリにはラインを大きく引っぱる聞きアワセが有効。

強い二枚潮の時はラインが大きく湾曲していますのでアタリは不鮮明です。だからコツンと少しでもアタリがある、あるいはラインのテンションに変化があった場合は、すかさず穂先を大きく潮上へ引っぱりながら黒鯛が喰っていることを確認します。またこれをしないとせっかく黒鯛が喰っていてもサシエとハリを吐き出す猶予を与えてしまします。

リフト&フォールが意外と効きます。

重めのガン玉を使った釣りの場合、意外とよく効くのが「リフト&フォール」です。サシエがある程度流れたら潮上へ引っぱってもう一度落とします。この時黒鯛がリアクション喰ってくることが多いです。釣友でB.S.Bの川田さんも大会のプラクティスで見事な年無しを釣られていて、聞けばやはりリフト&フォールを多用されてました。しかもリフト&フォールでは大型が喰ってくる確立が高いそうです。余談ですがこのリフト&フォールは、潮は速いけど黒鯛のダンゴアタックが頻発するような高活性時にはかなり効果的です。あっ、シークレット言っちゃった(笑)

最後に、釣り場によって釣り方も異なります。今回の攻略法は潮の変化が激しい広島湾で釣りをする自己流の方法ですので、あくまで参考程度にしてくださいね。


いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

年無し2発!乗っ込みスタート!

最近、仕事が忙しくブログ更新が滞ってますが、4月14日に阿多田の筏に行ってきました。当日はラシャオウさんとツイ友の室伏(弟)さんと3人で釣行です。全員チヌゲットの楽しい釣行となりました。

3人組

この日の詳細はラシャオウさんのブログをご覧ください。詳しく記事を書く時間が無かったもので(笑) ラシャオウのいぶし銀STORY http://rashaou.blog.fc2.com/

ルビアス&ロッド
この日もライトフカセで1本で狙います!

515年無し
いきなり大型がドン!

11枚
51.5cm、50cmの年無し2匹!合計11匹と大満足の釣果。

年無し2匹
ちょっとドヤ顔?(笑)この後急いでリリース。

只今「平内渡船」さんは年無しラッシュで沸いています!当日は56.7cmの大型を筆頭に複数の年無しが出てます!大型狙うなら今ですよ!それから「さくら渡船」さんも乗っ込み本番ですね。20匹以上狙えるようです。熱いぞ広島!乗っ込み祭りスタート!


いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

ライトフカセの秘密公開。

ライトフカセが釣れる秘密とは?

リール&チヌ

実はメジャーな各種クロダイ釣りの長所や、
ライトソルトルアーの要素を組み合わせた釣りなのです。


ライトフカセは、クロダイ釣りのメジャーな釣方である1.ウキフカセ釣り、2.カセ・筏かかり釣り、3.落とし込み釣り、4.ライトソルトルアーそれぞれの長所を融合させた新しい釣りです。だから釣れないわけがないと思ってます(笑)それではライトフカセに取り入れた各釣方の長所を挙げてみます。

1.ウキフカセ釣り → マキエワーク
ウキフカセでは、潮の流れを読みながら狙いの地点にマキエ杓でマキエ投入することができます。そしてマキエ自体はオキアミ等固形物を混ぜ込んであり、配合材と一緒にゆっくりと沈下します。つまり自然なカタチでマキエが沈下し、その中にサシエがあり黒鯛がこれに喰いつくわけです。磯釣りで様々な魚を狙える最強の釣りと言えるウキフカセ釣りのマキエ及びマキエワークはライトフカセでもそのまま実践しています。

2.カセ・筏かかり釣り → ライン操作性
ライトフカセは主に筏の上から釣っていますので、(近々波止でも検証予定)当然ですがカセ・筏かかり釣りの繊細なサシエ&ラインの操作性の良さに注目しました。ベタ底はもちろん特定のタナで潮に流したり止めたり、とても繊細な仕掛けのコントロールが可能です。ライトフカセも2.1m〜2.3mのショートロッドであり仕掛けもシンプルだから繊細なラインコントロールは可能です。これはとても大きなメリットとなっています。

3.落とし込み釣り → クロダイの習性
落とし込み釣りは防波堤や波止、テトラなどで盛んな釣りであり黒鯛の習性を活かした釣りと言えます。黒鯛が上から落ちてくるエサに敏感に反応することは周知の事実です。近年ではイミテーションやワーム系でも狙えう方も増えています。ライトフカセも落とし込みのように特定のタナをキープすることはしません。浮力のあるPEラインとガン玉を使って上からゆっくりとサシエを沈下させ、沈下途中に喰わせる釣りです。そして結果的に中層から底までオールレンジを狙える釣りとなっています。

4.ライトソルトルアー → キャスティング性能
アジングやメバリングでは細いラインを使い、軽いルアーやワームを狙いの位置に正確にキャストする必要があります。だから軽いルアーを正確にキャストできるキャスタビリティは、ロッド選択の重要なポイントとなります。また近年のロッドはPEライン使用を前提にガイド設計されています。ライトフカセも極細PEラインでキャストすることが重要なので、ロッドはライトソルトルアー用を使用しています。

ライトフカセとは、私が上記の釣り全てを長く実践していたからこそ生まれた独自の釣方です。つまり「いいとこ取り」の釣方かな(笑)だから良く釣れることは保証します!足場の低い防波堤などの釣りでも面白いでしょうね。



いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


さくら渡船ニューポイント!高田の筏へ。

高田の筏

ニューポイント「江田島湾・高田の筏」へ釣行してきました。

3月30日、さくら渡船さんの新しい筏ポイントである「高田の筏」に初めて行ってきました。いつも行く津久茂と三高の筏の間を抜けた江田島湾内に浮かぶ筏群です。

この日はB.S.Bロッドビルダーの川田兄弟さん、ブログでお馴染みラシャオウさん、IMAIさんと5名で釣行しました。川田(弟)さんは、25日に熊本・天草で2日間釣りをして、その後広島で2日間というハードなかかり釣りツアーの最終日なんです。ロッドビルダーとして自ら各地域の釣り場で実践・研究されています。流石ですね!

ライトフカセでやっと二枚潮を攻略できました!
潮上へフルキャスト作戦。


最近苦手としていた二枚潮ですが、この日も干満差の大きい中潮とあって朝一から筏に対して真横に流れる「二枚潮」です。上潮はかなり早く流れていますが底潮は緩いようです。しかしガン玉2B~3Bでは底まで到達できないくらいの流れでした。そこで5B~8Bを付けて潮上へキャストしますが、どうも黒鯛の反応は悪いようです。やはりガン玉が重すぎてはライトフカセのメリットを出せません。

ライトフカセの落とし込みはガン玉は軽い方が良いわけだから、ガン玉を4Bに戻し潮上へ水深(約17m)以上の距離へフルキャストしました。もちろん今までも潮上へキャストしていましたが、今回は水深以上の約20m~25m地点へフルキャストしてそのまま振り子のように落としていきました。(但しどうしてもラインは湾曲します。)

この方法ならガン玉もサイズダウンできます。まともに流せば8Bでやっと底が取れるような潮ですが、この方法なら4Bでも大丈夫でした。やはりライトフカセはキャストが命ですね!そして底付近で待望の黒鯛がヒット!

高田釣果

その後、潮上へマキエを広い範囲で撒き続けながら、潮上へフルキャストする方法で黒鯛を連続ヒットさせることができました。結局ガン玉は終日4Bだけ使うことに。終わって見れば47cm頭に黒鯛が17匹という好釣果に。サシエは全てオキアミ生にコーン一粒掛けです。これならフルキャストしてもサシエが外れません。

たに&きむら
ラシャオウさんのブログもこの日の釣行がアップされてます。
何か事件もあったようですよ!?(笑)是非アクセスしてみてくださいね!

ラシャオウのいぶし銀STORY http://rashaou.blog.fc2.com/

釣行後は、B.S.Bのロッド打ち合わせを兼ねた会食へ。

釣りが終わり、B.S.Bのロッドや今後の計画等の打ち合わせに広島駅近くの居酒屋PALさんへ集合。川田兄弟さん、ラシャオウさん、Tさんの5人でロッド持ち込んで会食です。ラシャオウさんに紹介してもらったお店ですが、ロッド持ち込みOKなんて贅沢させてもらい「居酒屋PAL」さん、いつもありがとうございます!

BSB宴会
川田兄弟

川田兄弟さんはビール飲みながらも、ロッドの事となるとご覧のように真剣そのもの!B.S.Bロッドの新作や、今後のカセ・イカダ釣りについてかなり濃い打ち合わせができました。B.S.Bロッドは今年中に公式WEBサイトをオープンされる予定です。デザインだけじゃなく、革命的なロッドの構想も。今から楽しみですね!

BSB250
B.S.B~僕等とチヌ~ブログ http://mattmanners.blog.fc2.com/

余談ですが、この度さくら渡船さんのホームページの釣果情報で、なんとライトフカセ釣りとして釣果を載せて頂きました!とても感激してます!やっと独立した釣方であることが認められたような気がします。これからもライトフカセ続けたいと思います。
さくら渡船HP http://www.sakuratosen.com/blog/archives/2466


いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。