KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一無二。筏スピニングロッド誕生。

ライトタックル

アジングロッド等に比べ遙かにパワーアップした
B.S.BライトフカセNEWモデル誕生。


今回テストしたB.S.BライトフカセNEWロッド・プロトタイプは私のわがままな注文により「バットパワー」を追求した世界に唯一の特殊ロッドなのです。一般的なアジング、メバリング、ロックフィッシュ用のロッドにもティップがしなやかで敏感なソリッドモデルも多くありますが、クロダイのパワーは想定外です。ではチニングやシーバス、エギング用のロッドなら使えそうですがティップが太すぎて使い物にはなりません。だからB.S.Bブラザーにオリジナルコンセプトのロッドを作ってもらいました。

ブランクに使用したのは米国製の「St. Croix(セントクロイ)」一見ガチガチですが、良型のクロダイには最適なパワーバランスを発揮してくれました。もう少し長いロッドだともっとブランクの能力が発揮できそうですね。でもこのブランクとしなやかな約0.6~0.7mm位の削りだしソリッド穂先を装着するのはかなり至難の技が必用だったと想われます。あらためてB.S.Bブラザーのロッドビルディングに敬服です。

BSB 350
http://mattmanners.blog.fc2.com

PEラインとフロロリーダーをイージーブラッドノットで結び、
よりナチュラルなフォーリングを演出する。


前回のライトフカセ釣行で初めて試したのがヨリモドシを使わないラインシステム。今までは深場からの回収時にラインにヨレが生じることを嫌ってヨリモドシを使っていましたが、今回はPEラインとフロロリーダーを「イージーブラッドノット」で結んでみました。理由は今回テストしたB.S.BライトフカセNEWロッドが約7ftとショートタイプだったので、ランディング時にヨリモドシを巻き込むなどティップが折れたり等のトラブルを回避するためでした。イージーブラッドノットで結んだ理由は、ハリ交換で短くなったリーダーを交換するのがカンタンで早いからです。

そして以前はヨリモドシとガン玉の2点においてラインが不自然に曲がったり、ヨリモドシにPEラインが絡んだりというトラブルもありましたが、これが皆無!しかもライン上には小さなガン玉(B〜3B)の1点しか装着物がないために、より自然なライン操作や送り込みが可能となりました。心配していたPEラインへのヨレの影響も全く無し。但し数回の釣行を重ねた後はPEの編み込みに影響があるかもしれませんが。

このロッドとスピニングリール、そしてPEラインがあれば、
一般的な「かかり釣り」においても武器となるはず。


私はかかり釣りも長く楽しんでいますが、このライトフカセタックルさえあれば、通常のかかり釣りタックルで行う「広角釣方」がより進化するので?と最近常に考えています。なぜなら極細のPEラインであればガン玉Bのみでも軽く15m程度はキャストできます。しかもシングルハンドキャストで素早く!少々の向かい風でもキャストできます。そしてナチュラルにゆっくりとサシエを落とし込めるから中層を狙いたい時には最強の攻略法となるはず。この「素早くキャスト〜ナチュラルにゆっくり」はクロダイ釣りの皆様には理解いただけると思うのです。と言っても大会やトーナメントではタックル規定に違反することも多いので、普段の釣りで試されてはいかがでしょうか?

最後にここだけの話、マジで釣れます。
B.S.Bブラザーも驚いたほど、
衝撃的なバイトが味わえますよ〜!(笑)



いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

B.S.Bロッド&ライトフカセで夏チヌと遊ぶ!

ライトフカセ釣方は夏チヌにも効きます!

なんと2ヶ月ぶりの釣行となりましたが、今回はB.S.BロッドビルダーのKブラザーと一緒に阿多田の筏に行ってきました。私はいつもの「ライトフカセ」一本で、Kブラザーはダンゴかかり釣りです。でもKブラザーもこの日は私と同じく浮いたチヌを釣る中層釣りを楽しみました。

tanix

朝からいい感じでヒットの連続。なんと水面下3M前後でいきなり穂先が激しく引っぱられることも。いいですね~!やっぱりライトフカセは中層が一番面白い。この日はいつものPEライン0.4号にフロロ1.5号を直結です。と言うかもうヨリモドシなんて必用ないですわ。ランディングの時に気を遣う必用もないし。あれ、これほぼ「アジング」のタックルと同じですわ(笑)なのでアジングタックルお持ちの方は、いつでもライトフカセでチヌ釣りできますよ~!

B.S.Bニューロッド・プロトタイプのテスト&仕上がりも完璧!
米国製のブランクが良型の強烈な引きにも余裕です!


ライトチヌ

途中でKブラザーにもライトフカセを楽しんでもらいました。なんと第一投でヒット!!筏でショートロッドとスピニングタックルのスタイルって意外にいいでしょ。(笑)

kawa

続けて良型も!ライトフカセの威力にKブラザーもビックリです!だって「あの辺に投げてみて~」とロッド渡してラインが馴染んだころ、水面下5m位でヒット!本当にライトフカセはキャストとラインメンディングさえコントロールできれば、あとはオートマチックな釣りでなんです。(本当によく釣れますよ、マジですよ)

kawa3

この日はお互い15~16枚づつ釣り、暑かったけど最高の1日となりました!Kブラザー(弟)さんも次回は一緒に楽しみましょうね~!

thoka

いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。