KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿多田島 かかり釣り釣行

平内渡船

最近よく釣行するのが、広島県大竹市の小方港から出船する「平内渡船」さん。
ここは、渡船場の目の前に車を駐車できるので、腰の悪い私は大変助かるわけで、最近のお気に入り渡船だ。
この日は宮島の隣の島、「阿多田島」のイカダの中でも屋根が付いた牡蠣の作業屋形に、釣友N氏と2名で上がる。

さて、気合いを入れてダンゴづくり開始!
ダンゴは節約してパワーダンゴチヌを単品で使用。これにオキアミ生をマゼ、ニュー活さなぎミンチ激荒をアンコで。まずは、潮の状況を知りたい。水深は約20m。やはり潮は早い!
この日は第一投目から、いきなりダンゴアタリが頻発。大いに期待するも、ダンゴが割れてからはサシエに反応が無い。仕掛けを数回投入、回収した時点で、ラインに大ヨレ発生!いきなりの大失態。これ一番嫌い、、、しょうがないので、ヨレを取るつもりで1号ガン玉を付けてダンゴ無しで落とし込む。
念のために底でアタリを待ってみると、これがすぐにヒット! またまた1号ガン玉のベタ止めパターンか?

やれやれ、、、、このパターンは、正直好きじゃない。流したり、誘ったり、ハワセたり、落としたり、と繊細な釣りを楽しめないではないか。ベタ底だと、ハワセ釣りをイメージするけど阿多田の潮流はかなり早いので、サシエはあっという間に遠くへ流されます。と言うことで、前回と同じくヒットパターンは、1号ガン玉で強制的にサシエをダンゴ着底位置にベタ止めする釣り方に終始。

ダンゴ釣り及び、ダンゴ別打ちの落とし込みが半々だったが、ダンゴ別打ちが良かったようだ。
エサは、コーン(激荒から使う)ばかりヒット。オキアミ・練り餌ともダメ。エサ取りも少ないのに何故?
通常はサシエのローテーションが有効なのだが、何故か最後までコーンに偏ってしまう日となった。
最近のチヌはそんなにも「コーン」が好きなのかしら? オキアミに飽きたのかしら? それとも激荒のコーンが凄いのか?

結局、この日は何度も中層を狙うが、アタリは一切無く、ヒットするのは全てベタ底。チヌが浮きやすい阿多田では珍しいのでは。さらにダンゴ着底地点から少しでもサシエが離れるとダメ。とにかくワンパターンな日だった。
それから、釣れたチヌの多くは腹から腸がはみ出していて、一部は口から空気袋が覗いていたチヌも。したがって、ほぼ全てのチヌが海底に張りついており、中層には上がっていなかったのではと推測する。(決めつけは良くないけど)

まあ釣果的には大満足! でも、かなり集中力が必要な日だった。強風でイカダの揺れが大きく、しかもモロ向かい風。次回こそは、風が無くて「置き竿」なんかもできる、楽〜な秋チヌで、楽しみたいですな。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。