KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼りになる「ゴム張りガン玉」

ガン玉

かかり釣り師の方なら当たり前のように持っている「ゴム張りガン玉」私の場合、これがないと勝負にならん!というわけで、長年ヤマワのゴム張りガン玉を愛用しています。

かかり釣りの場合の仕掛けはシンプルであり、通しラインと針、あとはオモリぐらい装着しません。つまりガン玉の重要度は非常に高いと思います。ゴム張りガン玉の最大のメリットは、ハリスが傷つきにくいだけではなく、瞬時の付け替えが可能だということ。これにつきます!これができることの恩恵はとても大きいと感じています。

私のホームグランドである広島湾の筏群は、潮流が強く変化も激しいので、ガン玉を付けない完全フカセだけでは一日攻めきることは難しいと感じています。私の場合ですが、実際にガン玉などのオモリの使用率はほぼ100%です。但し、厳寒期と盛期、チヌの活性の高低、エサ取りの有無などにより、ゼロフカセが良い場合とガン玉使いが良い場合があり、単純にガン玉釣りばかりしているわけではありません。しかしゴム張りガン玉を各サイズ用意していればヒットパターンを導き出す最も有効な武器となっています。

また通常は「B、2B、3B、4B、5B、0.5号、0.8号、1号」まで用意し、B以下のサイズは使いません。
これはフロロカーボンライン自体に重さがある為、これ以下のガン玉を付ける意味が無いと感じているからです。また激流時、1号以上の錘が必要な場合には中通しの「タングステンシンカー」の出番ですね。

私も一時はゼロフカセにこだわりすぎていた頃もありましが、昨年の釣行で大きく考えが変わりました。大潮で潮がぶっ飛ぶときに重めのオモリでステイさせることは、誰でも簡単に思いつく方法ですが、ある体験をしたことがきっかけで、その後の攻め方の幅が一気に拡がりました。

それは、ある日潮流も緩く、当然のようにゼロフカセで攻めていましたが、なかなかチヌの釣果が伸びません。そこでずいぶん適当に場違いなゴム張り1号ガン玉をセットしたところ、一気に連チャンモードに入ったことがありました。ダンゴのど真ん中に強制的にサシ餌をステイさせることで、ダンゴを突きにきたチヌに違和感なく喰わせることができたのかもしれません。

今では、潮が速いから重いガン玉、緩いから軽いガン玉という単純な理由ではなく、自分のアプローチ手法の違い「ステイ・トレース・フォール」により、ダンゴ・広角共に細かく使い分けるようになりました。最近では中層狙い時のフォールスピードの調整に細かく使い分けたりしています。

これらを可能にしてくれるのは、ゴム張りガン玉のおかげでしょう。

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: タイトルなし"
きまぐれヒデ様 
リンクいただき、ありがとうございます。
釣行記もアップできるよう、実釣も頑張ろうと思います。
情報交換よろしくお願います。
2012.04.21 08:57 | URL | #- [edit]
きまぐれヒデ says... ""
初コメです。

リンクに張っていただいてのですね。ありがとうございます。

私のブログでも、リンクさせていただきます。

素敵なブログですね、内容もとても勉強になりました。
2012.04.21 00:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kurodaipress.blog.fc2.com/tb.php/10-870d5f7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。