KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5日の釣行を振り返って。シークレットも公開 !?

猛暑日

8月5日は猛暑日となり、筏の上はとにかく暑かった。この暑さのせいか海の中もいつもと様子が違うようです。黒鯛の喰いは渋く、なかなか攻め手に欠く1日となりました。

朝一から潮は速く、さらに筏下へ流れるので多少釣りにくい状況でしたが、ダンゴ釣りからスタートし様子を見ます。2時間ほど経過するも釣れるのは20cm前後のマアジばかり。底をキープしながらサシエを流すも反応は無く、少し浮かせる、あるいは中層を攻めれば間違いなくマアジの猛攻です。ハマチも多いようです。

マアジを嫌ってオキアミからコーンや粒サナギ、練り餌に変えるとアタリはまったくありません。夏シーズンはオキアミでは餌取りの猛攻で釣りにならない為、サシエの中心はコーン・サナギ・練り餌となるのですが、これに喰ってこない状況であればチヌの活性が低い、もしくはそもそも回遊しておらず個体数が少ないのでしょう。さらに、この時期には普通にダンゴアタックもありますが、この日は一度も無し。ボラも居ません。

結局、オキアミ生でマアジを掛けながらも、黒鯛の回遊と出会い頭のヒットを待つ展開になりました。したがって黒鯛を選んでヒットさせるパターンは見つかりません。釣果は散発アタリを拾った6匹となりました。

この日は取り立てて注目すべき攻め方は無かったのですが、当日の私のローテーションを紹介してみます。潮の流れが速い釣り場なので、いつもの事ですが、とにかくガン玉の使い分けなどが忙しい釣りとなります。

谷釣り風景

1.ダンゴ底釣り
ノーシンカーを基本に、潮流によりB、2B、3B、4B、5B、0.8号まで、
各サイズのガン玉で、潮に流す~ダンゴ周りにステイ~
大ハワセと使い分け底を中心に探る。
この場合、ノーテンションで流す~テンションを掛けながら流す、
止める、誘う、再び流す〜落とすなど。
  
誘い方ですが、時には穂先で上・横へハイスピードで誘い上げる、
又はリールで素早く巻き上げて、ピタっと止めて待つ。
アバウトですが、これは昔からの個人的シークレットです。
シークレットなのに言っちゃったよ〜(笑)
でもK会長も最近雑誌で書かれていたので知ってる人も多い?
これは本当に効果抜群です。元バサーだから必然的に試していましたよ。

2.広角釣り
B、3B、5Bなど各サイズのシンカーで潮の状況に合わせ
フォールスピードを変えながら潮上・潮下、足下・前方と打ち込む。
この場合、フリーフォール〜テンションをかけながら落とす。
さらに、空ダンゴを中層で割りマキエの帯をつくり広角のサシエに被せていく。

3 ダンゴ中層釣り
中層で割って落とし込む~中層を流す~任意の層で止めて待つ。
ガン玉はゼロ〜3B程度。

4.変則広角釣り
激流時、空ダンゴを潮上に前打ちし、0.8号、1号、タングステンシンカーで
ダンゴ無しで足下直下に落とす。そして強制的にサシエを
ステイさせて待つ~底を引きずる。←これも少しシークレットかな〜?

広島湾は、常に潮流の速度や方向が変化しますので、これくらいのバリエーションで攻める必要があります。黒鯛の居場所が判明し、効果的なヒットパターンが見つかると、ここまで使い分ける必要はありませんが、喰い渋る時は、ほぼ全て実行します。

但し、カンタンに釣れる時は、中層釣り系メインに遊ぶのが好きですけどね。



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。