KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨と雷が鳴り響く筏の上で。

8月11日、久しぶりの平内渡船さんで阿多田島沖の筏へ釣行してきました。

5時出船ですが遠くの方で雷の閃光が見えており、若干不安になりながらも乗船です。まあ天気予報は曇り時々晴れなので大丈夫でしょう。ところが!筏に着く頃にまさかの土砂降り。しかも雷が近くで鳴り響いてます。危険なのでこの日乗船した6名全員で屋根付き筏に上がることに。



あまりの豪雨と雷の連発にスマホで雨雲レーダーをチェックすると絶望的な状況が(泣)レーダーは真っ赤に染まり、今から数時間は回復しそうにありません。しかも近くの地域では「記録的短時間大雨情報」も出てます。

終わった、まだ釣りもしてないのに。
これってほぼ遭難状態かも、雷だけはどうにもならん(泣)


もう船長に電話して帰ろうと何度も思ったのですが、なんとか小康状態に。結局9時頃まで凄まじい雷雨の為釣りができませんでしたが、ようやく雷も収まり小雨となったので急いで釣り開始です。実は一ヶ月以上二桁釣りしてないので、今日は本気で二桁狙いに来たのですが、今から頑張っても残り5時間の勝負です。

しかしこの後、黒鯛の活性は低いままの状況が続き、ダンゴ釣り中心に広角、落とし込みなどすべてを試してやっと7匹。サシエはオキアミ生がメインに、コーン、練り餌を使用。この日の攻め方を記憶の範囲で整理すると(水深約20m、小潮で潮は緩い)

まずは通常のダンゴ底釣りで様子見~1時間半ほど反応なし。
最初にヒットはダンゴ割れ後に底から1m誘って一匹目の黒鯛。
しかし同じパターンで釣れず。
次はダンゴ割れ後に約2m底を流した所でヒット。2匹目。
今度は同じパターンで3匹目。ここで潮がほぼ止まる。
次はダンゴ中層割り後の落とし込みで底から1m付近で4匹目。
この後しばらく釣れず、エサ取りのフグや小鯛に邪魔される状況に。
ダンゴ釣りを止め、練り餌をノーシンカーで真下に落とし込む。反応なし。
次に3Bガン玉をセットし早めに落とし込んで中層でヒット!5匹目
しかしこのパターンも続かず、底潮はほぼ止まったまま。
潮上、潮下、前方と広角で攻めるもダメ。
またダンゴ釣りに戻し、ガン玉Bをセットし、
ダンゴ割れ後に上へと誘い上げ、また落とす繰り返しで6匹目。
次はダンゴ割れ後に5m流した後、高速で巻き上げて止め、中層で待って7匹目。


この日釣れる黒鯛は毎回違うパターンです。つまり黒鯛の活性は低めでダンゴ付近まで近寄らない状況でしょう。こうした日には、ダンゴを突く黒鯛を待つのではなく、海中で拡散するニゴリやまき餌の帯を全て立体的に攻めて、黒鯛が潜んでいる場所を想像して攻めるしかないですね。とにかく忙しい釣りとなりますが、

黒鯛がダンゴ付近に寄らなければ、
こちらから鼻先にサシエを持っていくイメージです。


そして、その後さっぱりアタリもなくなり、頭上には朝と真逆のピーカン!湿気が酷くまさにサウナのような暑さで軽く気を失いかけるほどの辛い状況となってきました。目標の二桁まで微妙です。と言うより帰りたい (~_~;) いくら釣りバカでも高温、湿気、無風じや死ぬかも。

これは何かの試練なのかと荒業のような釣りを頑張ってると、
ここで西瀬戸いぶし銀名人位で年無しハンターのS氏にヒット!




fc2blog_201208120748217d3.jpg

48.5cm!あと少しでしたが見事な体高の黒鯛です。S氏の大型ヒット率はとても高く、何か秘密がありそうです。今度聞き出してみますか。さあ、これで元気が出ました!

その後ラスト20分でダンゴアタックの入れ食いモードに。遅いよ~と文句言いながらも5匹追加の時点で時間切れ終了。終わってみれば47cm頭に計12匹となんとか目標達成です。実質5時間の釣りだから上出来としましょう。黒鯛はすべてリリースして帰りました。

fc2blog_20120812074846741.jpg

疲れた~。


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。