KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は雨

明日は雨、晴れ間を期待する余地もない天気。釣友から誘われていたのだが、さすがに無理だろうということでキッパリと諦めることにした。

釣り人が輝くのは釣りをしている瞬間であり、普段はその時を想像しながら、日々の憂鬱を、また煩わしさを、うっちゃってるわけだ。水を得た魚同様に、釣り人も川、海、湖、おしなべて水面を見ないと躍動しない。
ふと思うのだが、釣り人ほど明日の天気を絶えず気にしている存在はないのではないか。つまりは釣り人は自然を受け入れながらも自然に立ち向かっているのだが、同時に痛烈に敗北感も感じている。どうにも予測できないものに挑むところに唯一無二の喜びがあるわけか。頭で感じるものではなく本能が欲している。何故、魚釣りに夢中になるのか?説明など野暮っていうもんだ。

明日は釣りに行けないから、インドアフィッシャーマンとなり、大兄の本を読んで夢想の中で釣りをしたつもりになろう。

fc2blog_20120421202651515.jpg

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。