KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかり釣りは穂先が命

fc2blog_20120422160351076.jpg

かかり釣りの穂先にはいつも悩んできた。フカセ釣りがウキにこだわるように、かかり釣りは穂先が命。魚とのコンタクトは唯一この穂先。ラインでアタリを読む場合もあるが、やはり穂先!

写真の穂先はダイワ、オリンピック、黒鯛工房、無名メーカーと揃えてみた画像だ。こうして見ると見た目の大きな違いは無いかな。でもそれぞれ全く個性が異なります。私が一番思い出に残るのは「ダイワ・飛竜イカダ誘い」の0.3㎜穂先だ。20年前に初めて0.3㎜穂先とであった時には、釣り方そのものが大きく変わってしまう程の衝撃を受けたことを思い出す。

下の写真はダイワ飛竜とオリンピックのロッド。とても古いロッドだけど現役で使えそうなので保管していが、出番は全くない。でも大変お世話になったロッドなので処分できないでいる。

fc2blog_201204221659023c4.jpg


穂先には、先調子・中調子・柔らかい・固め等々千差万別いろいろある。私のホームグランドである広島湾は潮流が激しい時が多く、極端に柔らかい穂先や中調子の穂先では潮流に押され穂先の振れ幅が死んでしまうことが多く、どちらかというと先調子でやや固めをセレクトしていたと思う。

しかし最近、黒鯛工房のAction4・5の穂先を使いだして、穂先に対する考え方が一変した。この穂先は前の「Typeシリーズ」と異なり若干中調子穂先になっていると思う。あくまで私見ですが。加えて「アタリ感度」が良くなっている。そこで激しい潮流時にも積極的に使うようになった。そのおかげで今では穂先に対する考え方が一変したように思う。

通常、激しい潮流時には流れに穂先が負けてしまうのだが、今は細かいラインコントロールにより、穂先を絶えず戻してやる釣り方が主流となっている。これならいくら潮流が激しくても穂先の柔らかい硬いは関係なくなる。アタリが大きく出る上に、喰いこみの良さも損なわずに済む。

チヌが餌を咥えて反転した時に出る本アタリは、どんな穂先でも出ると思うが、わずかな前アタリを大きく表現してくれる穂先のメリットはかなり大きいと思う。同時に明らかに喰いこみが良くなったような気もする。

あくまで今現在の考えであり、いつもの事だが、穂先に対する考え方はこれからも変わるだろう。いつまでたっても答えは無いし、これからも細い穂先を求めたり、先調子だ中調子だとあれこれ思案は続く。

私など既製品のロッドと穂先しか使っていないが、周りには自作されている玄人の方は沢山いる。この方達からすれば、まだまだ穂先についてウンチクを語る資格はない。

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: タイトルなし"
きまぐれヒデ さん。ブログ見ていただきありがとうございます。
ほんと釣り場や釣り人によって穂先は変わりますね。
穂先を削り出している釣友などは、自分の穂先の研究の為に、
黒鯛工房の各タイプの穂先を買っているほどです。
ここまでくると降参です(笑)
2012.04.22 21:20 | URL | #- [edit]
きまぐれヒデ says... ""
いつも、興味が湧く話で、熟読させていただいてます。

穂先に関しては、私は先調子部類の少し硬めが使いやすいです。

浅場では軟らかいものも使いますが、穂先の話は本当に奥が深いですよね。

今後も勉強させていただきます。
2012.04.22 20:38 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kurodaipress.blog.fc2.com/tb.php/12-699e2485
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。