KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボラ&エサ取り地獄の攻略法。

826筏風景

あくまで個人の思い込みレベルの攻略法ですが紹介してみます。

当日の状況。
26日の阿多田の筏釣行を振り返ってみます。この日の状況を詳しく説明しますと、朝一からボラの活性が異常に高く、海を覗くと巨ボラの群れとサヨリの大群で海面下は凄いことになっています。さらに投入したダンゴは激しいボラアタックでダンゴ投入後5m沈めば良い方で、どんなに固く握っても瞬時に割られてしまいます。

海中を覗くと数十匹のボラがダンゴを追いかけて真下に突っ込んでいってますから、ダンゴ釣りは壊滅。しかもシンカーだけで落としてもボラに引っ掛かるほどの有様。広角で遠投しても喰わない。海底はボラだけではなく、アジ、チャリコ、フグ、シロギス、ナルトビエイ等に襲われます。

この日は、通常の釣り方ができるような状況ではありません。なんとか重めのシンカーで海底までサシエをもたせても黒鯛のアタリは無く雑魚に喰われるだけ。たまらずサシエを浮かせるとアジがコーンまでも喰ってくる。練り餌だとフグにやられる。微妙なアタリをアワセれば恐怖の巨ボラがヒットするし。さてどうするか?

唯一効果的だった攻め方。
この日、唯一有効な攻め方がありました。それはダンゴがボラに割られた後でそのままサシエを落とし込む釣り。サシエは餌取りに強い「サナギ・練り餌・コーン、それらミックス」を中心にガン玉B〜3Bを付けてリールのスプールをサミング無しでフリーでフォールさせます。ヒットした黒鯛の殆どがフォール中にひったくっていくような激しいアタリでした。サシエが海底に届けばもうアタリはありません。

この日の黒鯛は約16〜17mの水深において「7m〜15m」と幅広いタナでヒットしました。つまりボラと一緒に泳いでいるわけで、ダンゴの濁りにボラが騒いでいる内にサシエをその下に落としてやり、フォール中のサシエに黒鯛が激しく喰いついてくる感じだったと想像しています。ボラ同様に黒鯛の活性も高かったはずです。

フォールスピードの違いも重要でした。最終的にはガン玉2Bをセットしたものがヒットパターンです。しかもブレーキをかけたり止めたりする落とし方では釣れません。穂先を斜め下向きに構え、スプールフリーの状態で落とし込んでいく繰り返しです。落とす途中に何も変化もないのにブレーキをかけたらダメ。但し途中でスプールの回転速度に微妙な変化が出たら、そこで軽くブレーキをかけてやると、その瞬間穂先に激しいアタリが出ます。

本来は自然な落とし込みが有効であれば、ガン玉B以下、もしくはゼロで海面に余分なラインを出して落とし込む方法もポピュラーですが、今回は「上潮」が滑る2枚潮だったので難しい。そこでロッドを斜め下向きに構えたまま落とすスタイルで攻めます。その場合、スプールの回転とガイドの摩擦抵抗を相殺したスピードが「ガン玉2B」だったわけです。

ダンゴに秘密が。
それからダンゴの配合の違いで他の方より釣果が良かったことに注目です。この日のダンゴにはオキアミ生3kgのスライスを最初から混ぜ込んで使いました。海中を観察すると、ボラはダンゴの粉を吸い込んでいますが、コーンやオキアミ等の固形物は口にしていません。したがってダンゴアタックの後、海中ではオキアミ等の固形物がゆっくりと沈下しているはずです。

つまりこの状況こそ「ウキフカセ釣り」のコマセと同じ考え方です。オキアミが沈下していくゾーンにサシエを同調させる。今回で言えば水面下5m以内でダンゴが割れてからその中のオキアミやコーン、麦などがゆっくりと沈下する「撒きエサのタテの帯」を作ること。そしてサシエが一緒にフォールしていく感じです。

マゼとアンコの違いは?
最後に補足ですが、ボラに割られるならマゼもアンコも同じと思われるでしょうが、アンコでは6時間程度の釣りでオキアミ生3kgを撒くのは難しいのでは。さらにオキアミ生の原形にサナギミンチやコーンをアンコで使うので、最初からオキアミスライス3kgをマゼで使用した固形物の多い配合がこの日の中層における好釣果につながったと思います。

今回書いた内容は、あくまでも当日の阿多田の筏の場合です。


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: タイトルなし"
とうさん、コメントありがとうございます。

しばらくブログ降雨新していなかたので今気づきました(汗)
ところで、オブラート2重ですか!オブラートは考えたことありましたが
実際に試したこと無かったのでこれはいいかもしれませんね。

アジやボラの強烈なダンゴアタックになすすべ無しの時に活躍してくれますね。
そのような時のために、オブラート買っておきます!
釣りは創意工夫が一番楽しい!


2013.10.16 15:23 | URL | #- [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.10.10 23:08 | | # [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
ラシャオウさん、お疲れ様です。
今回のボラのやる気は凄かった(汗)見ていて呆れるほど。
ダンゴを追いかけてボラ数十匹が海中深く突っ込んでいきますから、
上も底もボラまみれ。でもこいつら粉モノが大好きなようで
サシエに興味が薄かったのが助かりました。
大会も近いし、次の三高は頑張りましょう。
2012.08.28 08:53 | URL | #- [edit]
木村ですよ~ says... ""
阿多田名物 ボラ様艦隊は強烈ですよね=^^
昨年も手痛くやられましたわ~
ボラの中にチヌが居るのはわっかてますが、
ボラの中からか・またはボラ下層を狙うか。
もしくわ
ボラを攻略して底までダンゴを届けるかで迷いますね~
私も試してみたいです^^
2012.08.27 22:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。