KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも伝承者達が筏師だったらの巻。

一九九X年、

辺りは団子の異臭につつまれた!

海は荒れ、筏は揺れ、、

あらゆる魚が逃げたかにみえた、

だが、、黒鯛は逃げてはいなかった!


ラオウ

こちら現場から今日の死闘の模様を中継です。
今日の筏はたいへんな荒れ模様のようです。
ここでラオウさんがなんと!黒王号に乗ってきました。
筏に馬で来るとは!無茶にも程があるような、、、。


「うぬのダンゴなど効かぬ!」

やはりラオウさんは常に上から目線ですね。

「感じぬ チヌの気配など微塵も感じぬ」

しかし〜、チヌの気配がないようです。
ここでケンシロウさんがアドバイスしてるようですよ。


「奥義を尽くさねばここのチヌは釣れんぞ!」

「貴様の本アタリはあと5秒!」

ケンシロウさんには海中のチヌが見えてるのですね!凄い!
報告です!今トキさんが到着したようです!
トキさんは早い潮が得意ですからね〜、さっそく何か言ってます。


「激流を制するは錘」

アミバさんはどうやらダンゴで苦戦してるようです。

「ん!? まちがったかな、、砂の量」

おっとケンシロウさん、釣れなくてアミバさんに八つ当たりです。

「貴様にはボウズすら なまぬるい!」

いつも冷静なレイさんもおもわず、

「てめえらの練り餌は何色だー!」

レイさんはどうやら練り餌の色にこだわってるようです。
一方、ケンシロウさんは流石ですね!一番先にチヌを仕留めてます。


「やめておけ!おまえらとおれとではダンゴが違いすぎる」

トキさんは既にケンシロウさんのダンゴの違いに気づいたようです。

「ケンシロウのダンゴは
わたしの想像を はるかに超えている!」


ここで殺気立つ皆をユリアさんが諫めてますね。

「まだ釣ろうというのですか!もう勝負はついたはず」

おっと!それでもラオウさんとケンシロウさんは収まりがつかないようです。

「もはや次の一撃が、
われらの最期のダンゴとなるだろう。」


激しい死闘でしたが、ついにケンシロウさんが勝ったようです!!

「渡船に乗るに人の手は借りぬ!」

ええ〜、ラオウさん、黒王号置き去り?渡船で帰っちゃったよ〜(汗)

「我が釣道に一片の悔い無し!」

もうやめとこう、
ブログの方向性が変わってしまう(笑)



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。