KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンゴと上撒きマキエの違い。

グローブ

かかり釣りにフィッシンググローブとマキエ杓。
新しい釣方はスタイルも新しい!?


研究中の新釣方「Z E N S O-I K A D A 全層イカダ」とは、黒鯛かかり釣りにおいてダンゴの代わりに上撒きのマキエを用いた釣りとなります。写真のような短いマキエ杓やグローブなんて、とてもかかり釣りに無縁なタックルですが、これもありなんです。

さて、今回はそこで黒鯛かかり釣り用のダンゴとウキフカセ釣り用のマキエとの違いを私なりに書いてみたいと思います。長文ですがお付き合いくださいね。

磯や堤防から黒鯛やグレなどを狙うウキフカセ釣りのマキエ(コマセ)は、黒鯛かかり釣り用ダンゴと異なり、オキアミ等固形物の集魚材が大量に使われます。そもそもウキフカセ釣りのマキエにはオキアミ生やボイル又はアミエビのみを撒くことが一般的でしたが、マルキューから「チヌパワー」等多くの配合材の発売を転機に、今では配合材を多様するようになったと思われます。しかしマキエにはオキアミ等を多く混ぜ込むことが基本となります。濁りよりもゆっくりと沈むオキアミ等や配合エサの沈下の帯を重視したマキエです。

一方、黒鯛かかり釣りのダンゴは「糠」や「オカラ」「土」など粉成分を主体とした配合材がベースであり、ウキフカセ釣りのように大量のオキアミを最初からダンゴに混ぜ込むことは少ないでしょう。どちらかと言うとオキアミ等の固形物は「あんこ」にして使われることが主流となっています。ダンゴを使えばオモリのない針とラインだけでもサシエを海底まで届けることができ、さらにダンゴによって黒鯛を底に集めて釣ることができます。したがって海底にマキエが効くように考えるのが、そもそもの黒鯛かかり釣りの基本的な考え方です。

しかし近年のかかり釣りでは、「中層釣り」や「中層落とし込み」又は「広角釣方」などの技術が生まれ、底ばかりを狙うのではなく、誰もが中層や足下以外のエリアを積極的に狙うようになりました。同時にこれら釣方によって釣果もアップしています。

私はそうしたテクニックやタックルの発達があるのなら、黒鯛かかり釣りはダンゴじゃなくても釣れるだろうという思いを強く持っていました。そこで今回思いきってダンゴ封印〜上撒きのマキエによる黒鯛かかり釣りの研究をスタートしたわけです。そもそも黒鯛は「根魚」ではなく中層魚ですから「オモリの代わりにダンゴで仕掛けを底まで届ける」というかかり釣り最大の特長にこだわる必要は無い、とニュートラルな気持ちを個人的に持っています

黒鯛は上から落ちてくるものに興味を示し、また濁りにも寄ってくる習性があります。つまりウキフカセ釣りの上撒きのマキエも、かかり釣りのダンゴも両方ともに理にかなったマキエであることが言えます。しかし、かかり釣りにおいて「中層から底」まで全て効果的にカバーできるマキエを考えた場合、ウキフカセ釣りの撒き餌をかかり釣りに採用すれば強力な武器になると考えても不思議ではないですね。現代のかかり釣りは中層や広角を狙うテクニックが進歩しているのだから、最初から「全層」を意識したかかり釣りもあってもいいのではないでしょうか?

最後に、私にとって黒鯛かかり釣りは「伝統釣方」という認識はありません。であるとすれば、広角釣方が生まれたように新たなスタイルの釣り方が生まれても、良く釣れるのであれば広まる可能性もあるかもしれません。

まだまだ研究を始めたばかりですが、可能性を信じて続けてみましょう。


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: 先日はお世話になりました"
ちょいサルさん、コメントありがとうございます!
先日は広島釣行お疲れ様でした。ところでブログ「ちょいサルおやじの筏チヌ釣り道場」の方だったとは
ビックリしました〜!何年も前からいつも拝見していました!!!
ブログの大先輩にお会いできて光栄です。当日言ってもらえれば良かった〜(笑)

ちなみに阿多田で 10月21日は所属クラブ「西瀬戸いぶし銀」の大会があります。
20人くらいと思いますが、クラブ員以外の方も参加されますしご都合があえばどうですか?
いずれにしても広島へお越しになる際には、名刺の電話かメールで教えてください。
いつでも状況報告や現地にご案内OKです!もむあげさんにもよろしくお伝えくださいね。

2012.10.04 09:00 | URL | #- [edit]
ちょいサル says... "先日はお世話になりました"
 先日はさくら渡船(三高筏)では、もむあげさんと二人でお世話になりありがとうございました。
ブログ、拝見しました。すんごいチヌ釣り研究されてるんですね!
新釣法、広島では特に効果的で期待できそうですね。
近いうちに阿多田筏に挑戦したいです。その節はよろしくお願いします。
2012.10.03 22:49 | URL | #- [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
朝なぎさん、お疲れ様です。
新釣法はかなり苦労すると思ってましたから、ブログで釣果報告するのは冬になるだろうと思ってました。
でもいきなり好釣果だったので一気に新釣法のテストモード突入です。
ダンゴにこだわらなければ釣れるのは判ってましたが、実は想像以上の効果でした。
おそらく日本でこんなに短いマキエ杓持ってるバカはいないのですが、
ひょっとしたら筏用マキエ杓の先駆けになるかもです(笑)
今後しばらく新釣法続けてみます!
2012.10.03 22:20 | URL | #- [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
OZZYさん、お疲れ様です。
オキアミは半解凍6kgを細かくスライスして混ぜてます。
20mの水深でもしっかりマキエ効果がありましたから、
それよりも浅い釣り場なら、もっと効果があると思うのです。
それから、オモリは各サイズは必要になってきますね。
上撒きするだけでタックルはかかり用で問題ありませんでした。
でもスピニング用のロッドも開発中なので、これもテスト予定です。
しばらく新釣法オンリーで通いますから、また報告します!
OZZYさんも半分トライしてみてくださいね!
2012.10.03 22:15 | URL | #- [edit]
asanagi2011 says... ""
ブログはしばらくお休み・・・とお聞きしてましたが、
訪問させていただいてビックリ。

素晴らしいマキエシャクが完成しているではありませんか!
黒●工●も真っ青ですね~

釣法研究も随分輪郭がハッキリしてきましたね。
今後に期待しています。 あっチヌは残しておいてくださいね!
2012.10.03 18:55 | URL | #SFo5/nok [edit]
OZZY says... ""
撒き餌の中身がキモなんですね。
オキアミはクラッシュでもOKでしょうか?今度プライベートでダンゴ釣り半分、全層半分でトライしてみようかな~~~~~?
オモリの使い方も重要ですよね?
2012.10.03 18:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。