KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピニングリールの弱点とは?

快晴の筏

あの前方の筏付近へ潜む黒鯛を狙いたい。
あるいは筏直下ではなく、
遠巻きに様子を伺っている奴を仕留めたい。


軽い仕掛けを遠投できれば、必ずここ一番の武器となる

新釣方では状況に応じてスピニングリールの出番があると考えています。黒鯛が中層に浮いていたり、また一つの筏に多くの人が上がっていて、黒鯛が足下を嫌っているような場面も多々ありますね。そんな時にガン玉B以下のような軽い仕掛けを遠くにキャストしたいと考えます。しかし下向きリールでごく軽い仕掛けをスピーディーにキャストできるでしょうか?またキャストして距離は出るのでしょうか?

やはりスピニングしかないでしょう。但しこのスピニングリールには構造上の弱点があります。皆様もご存じのように「糸ヨレ」の問題です。

スピニングタックルは、糸ヨレを解決しなければ使えない。

かかり釣りでは、ガイド数が多く穂先の細いロッドを使用します。そのようなロッドでは「糸ヨレ」は致命傷です。なぜならラインが糸ヨレによってガイドに絡んだり、ライン放出が困難になるでしょう。おそらくスピニングタックルが使われない最大の理由ではないでしょうか。

さらに、かかり釣りではライン回収の際にサシエが残っていれば、仕掛けがクルクルと回ってしまい強烈な糸ヨレが発生します。これは下向きリールでもやっかいなので、なるべくサシエを切って回収するようにします。しかしどうしてもサシエが残ってしまい糸ヨレが酷くなることは完全には回避できません。

このように下向きリールでも「糸ヨレ」は時としてやっかいな問題なのですが、スピニングリールに至っては空仕掛けを回収するだけで糸ヨレは少なからず発生します。

スピニング

道糸とハリスをスイベルで結ぶ。

そこで、私は新釣方でスピニングタックルを使う際に「スイベル」又は「サルカン」つまりヨリモドシをセットして使います。これなら仕掛け回収時の「糸ヨレ」をある程度は防ぐことができます。実際に効果が検証できていますので、現状で「スイベル」は必須アイテムかなと感じています。

次にスピニングリール(私は2000番を使用)に巻くラインですが、強度やのびが少ないことを考えるとフロロカーボンを使いたいところですが、フロロなら1.2号程度が限界でしょう。やはり過去のテストから道糸ととなるラインはナイロンラインが使いやすいと思います。これはスプールへの馴染みがナイロンの方がしなやかで良いからであり、フロロカーボンで1.5号クラスとなると、ライン自体が固いためにキャスト時にトラブル続出となることもあります。

まだまだテスト段階ですが、過去の実釣では、フカセ釣り用1.5号ナイロンラインにスイベルをセットし、フロロハリス1.25号の組み合わせが一番良いように感じます。

2m〜2.4m前後のロングロッドが必要となる。

ここで注意すべき点は、1.5m未満の短いロッドや、通常のかかり釣りロッドの標準的な穂先ではスイベルをセットできないと思います。ハリスを長くできないし巻きすぎたら穂先がすぐ折れるでしょう。そこで私は過去にメバリングやアジング用の2.4mロッドを代用品として使用していました。これなら折れる心配はないですからね。しかし穂先が太すぎてダメ!

そこで今回は0.7mm穂先を持つ1.8mロッドを購入し実釣テストを再開しようと思っています。本当は2.1m〜2.4m程度のロッドが理想なのですが、こればかりは完全自作するしかないのでしょう。まずはこのテストロッドで実釣報告したいと思います。

10月14日、宇品さくら渡船で実釣テスト予定です!釣れるかな?


↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。