KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピニング研究のつづき。

前回釣行では1.8mのかかり釣りロッドをスピニングリールで試しましたが、まだまだ不満点が多くスピニングタックルの研究は長引きそうです。前回の反省点としてロッドの長さが足りないこと。そしてやはりスピニング用のガイド設定でなければダメですね。

そもそも、かかり釣り用のスピニングロッドなんて
世の中に売ってないのだから苦労するのは当たり前か、、、


それではとロッドメイキングにも挑戦しようと思っていましたが、もう少しロッドコンセプトを掴んでからでなければ、それも無駄足となっていまします。そこで急遽新しいロッドを購入しました。ソルトルアー用2.1mスピニングロッドですが、0.7mmの柔らかいソリッドディップを持つロッドを見つけたので、次回はこのロッドでテストするつもりです。釣具店で数多くのソルト用ロッドを触ってやっと見つけることができました。とにかくディップが柔らかく、バットパワーもぎりぎりセーフかな?懲りないね~(笑)

ダイワロッド

とりあえずこのロッドなら答えが見つかりそうな予感がしたから、おもわず購入することになりました。まだ時間と検証が必要ですが、少しだけ筏かかり釣り用のスピニングタックルの可能性が見えてきました。まだまだ入口ですが。

ロッド

そしてラインの選択も重要。糸ヨレを軽減させようとすれば細いラインにしなければなりません。またスイベルに結ぶハリスもウキフカセ釣りのように長くできないので、はやりクリアラインが必要です。前回テスト釣行では2000番リールに1.5号ラインは少し太いようだったから、次回は1.25号のクリアカラーのナイロンラインをセレクトしました。スピニングリールには「ドラグ機能」があるから1.25号なら全く問題ないでしょう。

ライン

バスフィッシングに夢中になっていた頃は、4ポンドラインでランカーサイズのバス掛けても、ドラグがジージーと鳴りながらもランディングできていたから、年無しヒットしてもなんとかなると思います。もしどうしてもナイロンラインが使いにくければ、今後はPEラインという選択もあると思います。PEラインであれば0.4号くらいでしょうか。

最後に私がスピニングにこだわる理由は、数年前に新釣方をテストしていた時に48cmの黒鯛をヒットさせた時のロッドワークの感触が最高だったからです。だからもう一度味わいたくて再挑戦しています。

ライトタックルの細ラインでドラグを鳴らす快感!(笑)
黒鯛かかり釣りのフィネスフィッシングを目指して頑張ります!



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。