KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルカウンターで黒鯛攻略!?

黒鯛のタナやスポットを正確な「数値」で絞り込むために、
デジタルカウンター搭載リールを試したい。


黒鯛イカダ釣りでは黒鯛のタナや場所を絞り込むことも重要なテクニックとなります。ダンゴ釣りはもちろん、私が実践している新釣方「全層イカダ」においてもマーキングや目印によってタナや水深を把握することは必須です。

ところが、私のホームグラウンドの広島湾は瀬戸内特有の干満差の大きな場所です。大潮となれば半日で3.5m以上も変化します。大潮の場合、1時間に約60cmも水位が変化する日もあるので、ラインへのマーキングではすぐ「誤差」が生じます。加えてマーキングは底取りには適しているけど、中層の正確な深度は把握できない。そこでかねてより「デジタルカウンター付」のリールが欲しかったのですが、船釣り用で大きいものばかり。

しかし、メガバスから販売されている「Megabass Retgraph 2011」なら課題をを解決してくれそうな気がします。「ベイトキャストリール」なのに「デジタルビジョンシステム」搭載のリールです。ベースはダイワの「It’s ICV」のOEM供給製品ですが、キャスト用にチューンアップされた製品です。全層筏釣方にも使えるはず!?

Megabass Retgraph 2011

リトグラフ

このリールなら、深場の早い潮流や二枚潮が激しい状況おいて
シンカーとの組み合せにより、中層にステイさせる釣りができると思う。

(本当はもっと軽くてコンパクトなものが欲しいのですが、、、、)
 
カウンター表示なら反応のある黒鯛のタナを「数値」で把握できます。ヒットした数値を元に毎回正確なアプローチが可能となるのでは?と考えています。縦の「タナ」はもちろん、流す「距離」も把握できます。黒鯛イカダ釣りにおいては、底から10cm〜30cm〜50cm〜1m〜2m〜とかなり細かい攻めが要求されます。また何メートル流してヒットしたなど「数値」を理解することははとても大切なポイントです。

もともとブラックバスやシーバスフィッシング用ですが、ソルト対応なのでイカダでも問題ないでしょう。このリールに見合うベイトロッドも必要となりますが、とにかく「失敗覚悟!」で近々にテストをしたいと思います。

新たなメソッドで黒鯛を引きずり出す楽しさを味わいたい。

筏釣りでなにもここまで考えなくても、、と笑われそうですね(汗)実は私の筏かかり釣り歴は約25年ですが、バスフィッシング歴も20年と長かったのです。その影響でいつも新しいアプローチを試したくなるクセは治りません。でも釣りに行くまでに様々なシミュレーションを考え楽しむことも釣りの楽しさと感じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余談ですが、かかり用下向きリールに
水深カウンターがあれば最強!と思うのは私だけ??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: チャレンジャー精神"
黒鯛一直線さん、コメントありがとうございます。
西瀬戸いぶし銀にK-ZERO会員なのに、かなり道に外れた釣りをやってると思い、たまに恥ずかしくなるのですが、ダンゴかかり釣りでも、近年は広角とかダウンショットとかいろいろありますよね。
やっぱり釣りは伝統釣方は別として、常に創意工夫だと思ってるから、恥ずかしいけど駄目元でトライしてます。
自分で考えたシミュレーションに魚が応えてくれるのが最高です。
実はこれは子供の頃に見様見真似で自分なりに釣りを始め、あの手この手で子供心に工夫していた頃の楽しさに近いんですよ。だからつい実験してしまう。実験は最高に楽しいですからね。(笑)

2013.02.15 21:41 | URL | #- [edit]
黒鯛一直線 says... "チャレンジャー精神"
タニックス777さん、こんばんわ!
アグレッシブな発想、素晴らしいです。
確かに、マーキングはすぐ消えるので、カウントダウンと勘で、
探ってました。いつも豊富な経験に裏打ちされた柔軟な
発想には、驚かされます。
2013.02.15 20:49 | URL | #NAijnZeA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。