KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サシエの流し方

ツイッターでご質問のあった「サシエ」の流し方に関し、自分の実践している方法を紹介します。但し上級テクニックなどというものではなくホームグランドである潮流の早い広島湾の筏における私自身の実践法です。

潮が飛ぶ場合に、どれだけサシエを流したら良いか難しいと思います。私の場合、厳寒期あるいは低活性の時は30メートル以上流す場合があります。でも、その流し方が難しいのですが、多くの方は流す際に「ラインテンション」をかけるかどうか?が悩ましい問題となっていると思います。テンションフリーで流した方が良いのか?あるいはテンションを掛けながら流した方が良いか?これがもっとも難しい問題です。

私の思い込みのレベルですが、どちらかというとラインを流す際、チヌの活性の高低により私は流し方を使い分けています。チヌの活性がいくらか高い場合は、テンションを掛けながら流し(ストップ&ゴー)アタリを待ち、活性が低い場合はテンションフリーで潮の流れにまかせて流しながらアタリを待ちます。このあたりは、中層落とし込みと同じ理論とも言えますが、流しっぱなしでもアタリは穂先に明確に出ます。フカセ釣りの全誘導の場合と似ていますね。

補足しますが、この場合ガン玉はゼロ。もしくは小さなガン玉を使用する場合の話です。さらに団子抜け前のハワセの有無も関係し、ツケエの種類によっても異なります。キリがないので簡単に説明した場合とご理解ください。

さらに付け加えるなら、私の場合テンションフリーで流して釣れる場合でも、あえてストップ&ゴーを行うことが多いです。これはある種の「リアクション効果」を誘因しているのかもしれないと考えています。

実践上、早い潮流時にラインをテンションフリーで流しながら、合間でテンションを掛けた時に「アタリ」が出ることが明らかに多いと感じています。もちろんテンションフリーでも釣れるのですが、ストップ&ゴーの方が「アタリ」の数が多いような気がします。

但し、流す際にはテンションを掛けるにしても、サシエが浮き上がらない程度のテンションであり、浮き上がっても良い状況・釣り方であれば、中層で割って落としながら流す釣り方に変更します。

最後に盛期においてエサ取りが湧いている状況では、こうした釣り方とは別に、エサ取りをかわしながら釣る方法を用いなければならないので、迷わず重いガン玉を使い分けます。とにかく状況によって多くのテクニックの組み合わせが必要ですね。こうなると、もう文章で伝えることは難しく、抽象的な表現となります。

最後に釣り場が異なれば攻め方も変わりますし、私自身、まだまだテクニック論とか言えるレベルではないのですで、たいへんお恥ずかしい限りです。

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。