KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対的アイテム。

ガン玉ケース

新釣方「ライトフカセ」はキャストと、シンカーのセレクトが命。
キャストすれば後は沈めるだけのオートマチックな釣りとも言えます。
だからゴム張ガン玉は絶対的なアイテム。


新釣法「ライトフカセ」は、広範囲にマキエを打ち込んで広いステージを作り、後は潮の流れを計算して、どこにキャストするかのか、またどれくらいのスピードでサシエをフォールさせるかの2点につきます。ラインを少し張り気味にしたり、カーブフォールを意識したりしますが、極論で言えばキャストすれば後はオートマチックな釣り。

だからキャストもフォールもシンカー次第。そこで各サイズの「ゴム張ガン玉」は絶対的な必須アイテムです。ダンゴ釣りならノーシンカーでもダンゴで仕掛けを落とせるけど、ライトフカセはガン玉の重さが無ければ仕掛けを落とすどころか釣りをすることも不可能です。だから目立つケースに入れて、さらに毎回しっかりと補充しています。

メインで使う赤いケースにはB~5Bガン玉に2号~4号の針をセット。ほぼこのケースがあれば大丈夫。そして白いケースには0.8~1号のガン玉と、各サイズの中通しタングステンシンカーやダウンショットシンカー。そしてシンカーをセットするためのゴムストッパーを入れています。メインは赤いケースのみで充分ですが、「大潮」で潮がぶっ飛んで釣りにくい時は白いケースのシンカー達の出番です。

と言っても白いケースが必要な日はライトフカセの釣果は良くないですね。実は干満差の大きい大潮の時にはガン玉1号でも底を取れないことも。こうなると今後の研究課題である「ベイトフカセ」のテストを急がなくてはならないと思っています。

赤白ケース

刻々と変化する潮に合わせてサイズを小刻みにチェンジ!
PEの浮力と潮の抵抗を計算したフォールスピードの調整が最も重要。


ライトフカセで最も重要と考えるのはサシエのフォールスピード。沈下するスピードの違いで喰いが違ってきます。エースガン玉は「Bと2B」です。しかしウキフカセ釣りの場合はもっと軽量なG7、G5など使うケースが多いので重いのでは?と思われるでしょうが、ライトフカセはPEラインを使うので、PEの「浮力」と相殺されるから「B」より軽いガン玉はあまり必要ありません。B以下では時間もかかり過ぎるし、マキエの沈下スピードよりサシエが遅くなっては意味がないですね。

また、早い潮流や2枚潮の影響に対応しベストなフォールスピードを得るために、ガン玉は2B〜3B〜4B〜5Bといった具合に小刻みにチェンジしています。1回の釣行で軽く十回以上はガン玉サイズを交換していますから「ゴム張ガン玉」でないと使えませんね。ちなみに「YAMAWA製」を使ってます。



↓ ポチッと押してね!励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: チヌパラへの準備?!"
ラシャオウさん、お疲れっす。
BSBロッドが届くと思ってニューリールまで買ったまったぜ〜。
ところでチヌパラ始まったら普通の釣り方じゃ面白くないから、
サシエは水口シークレットの消しゴムしばりとか、
ワームしかダメとか、なんかしないと面白くないね。
何しようかね?それくらい異常に釣れるから(笑)
それから、土曜日に行くかも?絶対行くでしよ。
2013.03.04 23:32 | URL | #- [edit]
rashaou says... "チヌパラへの準備?!"
流石!着々と準備していますね~
これでB.S.Bロッドが加われば・・
いつでもチヌパラカモーンですか(笑)
春になれば冬眠している会員さんも
動き出しますね~忙しくなります、でも今年も楽しみです♪
今後も末永くよろしくお願いします^^
今週(土)にいくかもしれません・・うずうずして我慢できんし~
2013.03.04 22:27 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。