KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングロッドの秘めた可能性とは?

谷ランディング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かかり釣り大会では、ライトフカセで用いるタックルは使用禁止だと思います。
しかし、広範囲をオールレンジを狙える釣方として効果は大きいので、
ダンゴかかり釣りタックルでも同じような攻め方ができれば?考えてみました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロングロッドのメリットを考えてみる。

イカダかかり釣りにおいて使用されるロッドの長さは約1.2m〜2.1m。しかし2.1mクラスのロッドを使う人はホームのイカダではあまり見ません。私は最近「ライトフカセ」を研究中なので2.1m〜2.3mのロッドを使っていますが、ダンゴ釣りの時は1.5mがメインでした。遠投広角釣方を除き、真下を攻めるかかり釣りでは2.1mクラスのロッドは扱いにくいと思います。実際2.1mのロッドなんて使う気にもなりませんでした。

しかし「ライトフカセ」でロングロッドを使って気づいたメリットがあります。それはランディングに黒鯛のパワーを吸収しクロダイが暴れにくいから細ラインでも安心。そしてもう一つは「リーダー」が使えるという大きな利点です。

リーダーが結べるからPEラインが使える。

通常のかかり釣りでは、ハリスと道糸を分けずに通しで使用します。ロッドが短いためリーダーを結べば結束部分がガイドを通過し引っ掛かってしまうから通常はリーダーは使いません。これがロングロッドなら「リーダー」を結んでも結束部分がガイドまで通過しなくて済みます。結果としてPEラインを使用することができます。2.1mのロッドならリーダーは1.5mは確保できます。この長さなら十分。

これならダンゴかかり釣りで使用される「両軸・片軸下向きリール」であっても、ロングロッドを用い「軽いガン玉」でもぶっ飛ばせる「遠投広角釣方」が可能ではないか?と考えています。

ピンクラパラ

遠投広角におけるPEならではの性能とは?

通常、下向き・両軸リールでフロロラインの仕掛けを遠投広角する時には、イカダあるいはカセの床にラインを前もって出しておかなくてはなりません。海面ではすぐラインが沈み始めます。しかしPEラインは浮力があるので、遠投広角でキャストする際に床にラインを出さなくても「海面」にラインを置くことができます。とくにカセや足元の荒れた筏では海面にラインを置くことが多いと思います。こうしたことも含め、極細PEならスピニングリールに匹敵する遠投ができます。

実は本音を言えば、スピニングリールなら誰でも楽に遠投できるんですが、かかり釣りでスピニングリールは使われない。でもこれは釣り人それぞれのスタイルや流儀の問題ですので、釣れればいいってもんじゃない。でももったいないな〜、と思ったり。
ちなみにJFTのカセ・筏釣りにおけるチヌ競技規則ではライン・リールは自由です。
http://www.npo-jft.com/contents/law/

軽いガン玉で遠投するメリットとは?

飛距離が伸びるということは遠投広角釣方に大きなメリットをもたらすと考えます。つまり軽いガン玉でも飛ばせる。そうすれば離れた中層に潜んでいるクロダイを、ゆっくりと中層から底まで攻めることができます。これは私が「ライトフカセ」でやっている釣り方をダンゴかかり釣りタックルで再現できることであり、私がダンゴ釣りを行う際には一番やってみたい釣方なのです。釣友は既に狙ってるかな?(笑)

これは重要なことですが、PEラインはフロロラインと異なり「浮力」があります。したがって同じサイズのガン玉を付けた場合、沈下速度はPEラインの方が遅くなります。一方フロロラインではライン自体が沈むため、両者の差は想像以上に大きいでしょう。さらにフロロでは途中から沈下速度が速くなると感じた方も多いのでは。

つまり遠投できて沈下速度は遅めが良い!という考え方なら、PEラインの浮力は遠投広角釣方において新たな価値を生み出すのではないでしょうか?

PEラインを使うなら、ガイドの改造が必要。

かかり釣り用ロッドは穂先が細くガイドの数も多いので、そのままPEラインを使うのは無理があります。PEラインはコシがなく柔らかいため、ガイドに絡めば即アウト!穂先も折れるしPEラインが絡んで結び目ができればほどけません。さらにコブとなった部分は切れやすくなります。

だからPEラインを使うに穂先にもSICガイドの装着が望ましいと思います。これを具体化した製品は、私の知る限りでは唯一「宇崎日新」のゴリマキスペシャルというロッドしかないようです。でも今後はPEラインの進化に伴い、他社でも専用モデルが販売されるかもしれませんね。

ちなみに下記写真のロッド(B.S.Bオリジナル)の穂先は、キャスト性能を重視するために、通常のかかり釣りロッドの穂先よりもかなりガイド数を減らした仕様となっています。このような穂先を用いれば「遠投広角専用ロッド」が実現できそうですね!

ロッドティップ

毎度のことながら、もっと釣れる釣り方はないか?とあれこれ想像ばかりしてしまいます(笑)でも今回のブログ記事は、考え過ぎと呆れられそうですが(汗)広島で共に新しい釣方を開発中の釣友K氏やM氏は、きっとご理解いただける気がします。


いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: ブログでタッグ"
Re: ブログでタッグ
ラシャオウさん、お疲れ様です。
また玄人っぽいブログ書いてしまいました。(汗)
でも根底に流れてる釣り師としての楽しみ方は、
ラシャオウさんと同じと強く思ってます!
これからもガッチリとタッグを組んで、
楽しい筏釣りの裾野を拡げましょうね!
ブロガー筏師としては最強タッグかな!
2013.03.11 20:35 | URL | #- [edit]
rashaou says... "ブログでタッグ"
感心するほどの玄人好みのブログですね~
これは私には書けません(笑)
タニックスさんのマニアックでメソッドの解説は見もの!上級者推薦ですね~
私はチヌ釣りの醍醐味や楽しさを伝えようと心掛けていますので
初・中級者向けを狙っていますー
したがって
タニックスさんと私のタッグで広島発信し続ければ
きっといい事が今後も起きていく予感がします♪
今後ともよろしくお願いしますね~
2013.03.11 20:05 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。