KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新釣方の特徴。意外な事実も?

ロッドと海面

今回は新釣方「ライトフカセ」の実釣テストによって得られた
私的に重要なポイントを紹介してみます。


1.マキエとサシエの同調はあえて行いません。

ウキフカセ釣りやかかり釣りにおいて、マキエとサシエの同調は基本的な考え方だと思いますが、本当のことを言うと全く意識していません。とにかく10〜15m四方にマキエを拡散させ広いステージづくりを大切ししています。だからマキエの投入タイミングは、海中にマキエが切れないよう少しづつ一定間隔で打ち込みます。サシエの投入ポイントにマキエをかぶせて打つこともしません。これは注目の事実だと思います。

通常の理論では、マキエの帯からサシエが離れないように考えますが、ライトフカセではマキエの帯を作るよりも、とにかく広範囲にまんべんなくマキエが拡散しながら沈下する「立方体的なゾーン」を作ることを心掛けます。このゾーンの範囲内にサシエが沈下・通過するよう、潮を読みながらキャストしてます。←最重要ポイント

2.実は落とし込み釣りだから流さないんです。

かかり釣りではダンゴからサシエが抜けた後、サシエを潮に流しながらアタリを待つことは多いと思います。しかしライトフカセ釣方では潮に流すことはありません。キャスト〜送り込み〜着底で終わり。常にサシエが沈下しており、ウキで特定のタナをキープすることはないので、着底後直ちに回収することが殆どです。つまり「落とし込み釣り」なのです。サシエを上手く落とし込むことが基本となります。

3.キャスティングはサシエ先行のため。

どの方向に潮が流れようがキャストしなければ釣りになりません。これは「サシエ先行」のカタチを重視するためであり、また仕掛けの角度も重要です。仕掛けが斜めではなく縦に沈下してしまえば、ガン玉がサシエを追い越して沈下するので釣れません。とにかくサシエ先行で斜めに落ちていく。これはウキフカセの基本と同じです。

4.足下に入る潮はカーブフォールで対応します。

イカダの下に入り込む潮の場合はやっかいであり、場所移動が望ましいのですが、移動が出来ない場合には重めのガン玉にチェンジして通常より遠くにキャストします。そしてガン玉の重さでカーブフォールさせながらサシエが真下まで来れば終わり。という釣り方が必要となってきます。いずれにしても真下に仕掛けを落とすことは一切ありません

5.ガン玉は5Bまでが限界かも。

潮が緩い時はガン玉はB~2Bをメインに使いますが、潮が速くなり仕掛けが落ちないレベルまでなってしまえばガン玉を重くします。しかしそれも5Bまでが限界のようです。それ以上重いガン玉ではライトフカセの特長がなくなり、あまり釣れません。(早い潮流対策は別タックルで構想中)

6.マキエは固形物を多く配合しています。

今のところマキエの材料は市販の集魚材に「オキアミ生6kg」をスライスして混ぜています。これにムギや牡蠣ガラを追加します。ニゴリよりも固形物の沈下を重視しています。いろいろ試しましたが集魚材の効果の違いはあまりないようです。7〜8時間程度の釣りでオキアミ生6kgという量は多く思われるかもしれませんが、ウキフカセ釣りでは通常の量です。但し、餌取りが少ないときは撒く量を少なめに調整しています。

今まで実釣テストを続けた結果、私なりに感じた事柄を書きましたが、
夏場の実釣は未経験なので、新釣方確立まで今少し時間がかかると思います。



いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!m(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: これも理にかなっているかも?"
黒鯛一直線さん、いつもコメントありがとうございます!
そうなんですね!私は感覚的にそうじゃないかな〜と思ってましたが、
今ひとつ自信はなかったです。でもチヌはグレほどコマセワークは難しくないから、
活性を上げたらセット完了!あとは向こうから食ってくるみたいな感じですよね。
それから固形物の沈下の効果は間違いないと思います。
前に配合材なしで、牡蠣殻と麦とコーンだけ撒いて釣れてました。
またやろうかな〜、安くつくし(笑)
2013.03.17 20:59 | URL | #- [edit]
黒鯛一直線 says... "これも理にかなっているかも?"
Tanix777さん、こんばんわ!
コマセとの同調、実は私のバイブル『ウキフカセ入門』の高木道郎氏も
同調ではなくて、黒鯛の場合は周辺を付けエサ先行で探ると記しています。(たぶん)
メジナ(グレ)は同調、黒鯛は周辺をと覚えていました。
固形物が、あちらこちらに落ちてくると、競争が始まり
活性化するような気がします。
コマセワークと付けエサの沈下速度で、餌取り対策が出来るかも?
2013.03.16 20:43 | URL | #NAijnZeA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。