KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新設イカダで初の実釣テスト in 阿多田。

リベンジ釣行のつもりが、
新設イカダの実釣テストという大役を仰せつかることに!


3月20日、再び阿多田のイカダへ釣行しました。前回釣行では10回以上ヒットするも牡蠣棚に入り込まれ3匹の釣果に終わったので中2日でリベンジ釣行に。ところがこの日は船長から「昨日釣り座用の板を張ったばかりの新しいイカダに上がってみてくれる?」と言われ、誰も上がったことのない新設イカダで釣りをすることに。

新設イカダはウキフカセ釣りにも使う予定らしく、私の釣り方はフカセみたいな釣りだからということで初釣りを仰せつかった訳です。上手いからではありません(笑)

操舵室

操舵室で船長とあれやこれや新設イカダの状況を聞きながら宮島を経由し阿多田へ向かいました。新しいイカダは黒鯛がスレてないから期待も大きい、でもマキエが入っていないから釣れるかどうか未知数。潮の流れ方も不明。

いずれにしても今後の人気イカダになるかどうか重要なお役目に、
大きなプレッシャーがかかります。しかも単独釣行だし(汗)


朝一は曇り空だけど風も無く、なんだかいい感じの雰囲気。しかしこの日は朝から3時間全くアタリ無し。餌取りの気配もゼロ。しかも天気予報に反して大雨(泣)でもこういう日のためにパラソルセットを持ってきたから問題無し!釣りに集中します。そして、、

チヌ&ロッド

本命も餌取りも気配ゼロの中、突然穂先がギューン!
2.4mのロッドが激しく曲がります。


底から1m位でいきなり良型黒鯛が喰ってきました。この日の黒鯛は全てオキアミ生L(頭付き)でヒット。タナは約1m〜3mでした。今の時期は着底に近くなれば少し穂先でラインを張りながら落とし込んでいきますが、それより浅いタナはラインが走るのを見てアワセます。これが最初の時合いとなり5匹GET。そして納竿1時間前に2回目の時合いが来て47cm頭に計10匹の釣果でした。

本当に釣れて良かった〜。最初の3時間は冷や汗でした。

船長が言われるように隣の牡蠣棚と釣り座が近いからフカセ釣りに向いているようですが、潮によってはかかり釣りも全然OK!このイカダはこれから期待大ですね!

当日のタックルは、いつもの2.1〜2.2mのロッドではなく、2.4mのアジング用ロッドをテストしてみました。これはライトフカセに最適なロッドの長さを試行錯誤している為であり、長いほどリーダーも長く結べるのがメリットです。しかし長ければ長いほどPEラインの扱い方も難しくなるので、私的には2.3m程度に落ち着きそうです。

チヌ&バッカン

K-ZEROキャップはやっぱり年無しが似合う!

当日はK-ZERO中国支部の佐藤さんもダンゴかかり釣りで釣行されており、しっかりと51.5cmの黒鯛を阿多田の筏で仕留められていました。激しい雨の中、流石です!今年は5月に「K-ZERO中国大会」あるからお互い頑張りましょうね!
年無し&佐藤

私もK-ZERO大会までに早くダンゴかかり釣り練習しないとまずい!この前なんか久しぶりにかかりロッド触ったけど、あの穂先の細さにビビリましたからね(汗)


いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。