KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトフカセの秘密公開。

ライトフカセが釣れる秘密とは?

リール&チヌ

実はメジャーな各種クロダイ釣りの長所や、
ライトソルトルアーの要素を組み合わせた釣りなのです。


ライトフカセは、クロダイ釣りのメジャーな釣方である1.ウキフカセ釣り、2.カセ・筏かかり釣り、3.落とし込み釣り、4.ライトソルトルアーそれぞれの長所を融合させた新しい釣りです。だから釣れないわけがないと思ってます(笑)それではライトフカセに取り入れた各釣方の長所を挙げてみます。

1.ウキフカセ釣り → マキエワーク
ウキフカセでは、潮の流れを読みながら狙いの地点にマキエ杓でマキエ投入することができます。そしてマキエ自体はオキアミ等固形物を混ぜ込んであり、配合材と一緒にゆっくりと沈下します。つまり自然なカタチでマキエが沈下し、その中にサシエがあり黒鯛がこれに喰いつくわけです。磯釣りで様々な魚を狙える最強の釣りと言えるウキフカセ釣りのマキエ及びマキエワークはライトフカセでもそのまま実践しています。

2.カセ・筏かかり釣り → ライン操作性
ライトフカセは主に筏の上から釣っていますので、(近々波止でも検証予定)当然ですがカセ・筏かかり釣りの繊細なサシエ&ラインの操作性の良さに注目しました。ベタ底はもちろん特定のタナで潮に流したり止めたり、とても繊細な仕掛けのコントロールが可能です。ライトフカセも2.1m〜2.3mのショートロッドであり仕掛けもシンプルだから繊細なラインコントロールは可能です。これはとても大きなメリットとなっています。

3.落とし込み釣り → クロダイの習性
落とし込み釣りは防波堤や波止、テトラなどで盛んな釣りであり黒鯛の習性を活かした釣りと言えます。黒鯛が上から落ちてくるエサに敏感に反応することは周知の事実です。近年ではイミテーションやワーム系でも狙えう方も増えています。ライトフカセも落とし込みのように特定のタナをキープすることはしません。浮力のあるPEラインとガン玉を使って上からゆっくりとサシエを沈下させ、沈下途中に喰わせる釣りです。そして結果的に中層から底までオールレンジを狙える釣りとなっています。

4.ライトソルトルアー → キャスティング性能
アジングやメバリングでは細いラインを使い、軽いルアーやワームを狙いの位置に正確にキャストする必要があります。だから軽いルアーを正確にキャストできるキャスタビリティは、ロッド選択の重要なポイントとなります。また近年のロッドはPEライン使用を前提にガイド設計されています。ライトフカセも極細PEラインでキャストすることが重要なので、ロッドはライトソルトルアー用を使用しています。

ライトフカセとは、私が上記の釣り全てを長く実践していたからこそ生まれた独自の釣方です。つまり「いいとこ取り」の釣方かな(笑)だから良く釣れることは保証します!足場の低い防波堤などの釣りでも面白いでしょうね。



いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: 波止で!"
黒鯛一直線さん、こんばんわ!
流石鋭いですね。実はライトフカセの最初のコンセプトは
波止で自在にチヌを釣ることから発想したんです。
前打ち、落とし込み、ぶっこみや、ストラクチャーを
タイトに狙うなど一本のロッドでできる釣りとして考えたんです!
だからキャスト用にタイドナビ(シンキングタイプのウキ)も必要と。
まさに草津の波止をイメージしてました!
今度は試してみますね!(^_^)
2013.04.02 22:43 | URL | #- [edit]
黒鯛一直線 says... "波止で!"
タニックス777さん、こんばんわ!
波止でライトフカセもいいですねえ!草津の東波止は満潮時は面白いかも?
ちょっと思ったのですが、前打ちとイメージが似てる気がします。
2013.04.02 21:47 | URL | #NAijnZeA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。