KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二枚潮攻略法の巻(自己流ですが)

4月21日、私が所属する「カセ・筏師CLUB西瀬戸いぶし銀」の大会に参加してきました。当日は達磨会の皆様をはじめ多くの方にご参加いただき年無しも3匹出るなど大盛況の大会となりました。半年ぶりのダンゴかかり釣りでしたが、釣り座のくじ運と一発大物に恵まれてまさかの優勝。そこで当日の釣り方をいろいろ聞かれましたので、少しだけ私流のメソッドを紹介してみたいと思います。またドヤ顔ですが、、(笑)

谷年無しポーズ

ダンゴかかり釣り二枚潮攻略法。(自己流です。)

ダンゴ釣りの時に私が実践する二枚潮対策は、ガン玉活用を最も大切にしています。大会当日は朝から真横に上潮が強く流れる二枚潮(水深約20m)。底潮だけが流れる場合はサシエを流して釣ることも多いですが、上潮が強く流れ底潮が動かない、あるいは逆方向に少し動く場合には迷わず大きめのガン玉を使った釣りにチェンジします。

二枚潮ではダンゴが流れる方向と逆方向にサシエが移動してしまう。

底潮だけが動く時はダンゴとサシエが同じ方向に流れますので、そのままサシエを流しても黒鯛は喰ってきます。しかし二枚潮の場合、仕掛けは上潮に引っぱられてしまいダンゴマキエのポイントからサシエがどんどん離れていきます。まして底潮が逆に流れていればダンゴマキエが流れる方向とは逆にサシエが流れるという最悪の状態となります。

つまり二枚潮は流してもあまり好結果は得られません。ガン玉を使って上潮方向にサシエを流されないようすることと、底潮にサシエを乗せることが重要です。なるべくダンゴで作ったマキエゾーンの範囲内にサシエをキープすることを心掛けます。

ラインをやや張った状態で上潮の強さとガン玉を相殺させる。

当日は5Bを中心に釣りました。時折潮が緩むと3B・4Bも使いましたが、潮がほぼ終日強めに流れていましたのでメインは5B。私のガン玉のセレクト方法ですが、ガン玉を付けて強制的にサシエを止めることは、ダンゴアタックのある高活性の時だけです。通常ガン玉が重すぎると底を引きずるような状態となり黒鯛は喰ってきません。したがってラインを少し張りながらサシエが少し浮き気味の状態をキープできるようガン玉のサイズをセレクトします。ちなみに私は常に穂先でラインにテンションをかけています。

これならば上潮の抵抗とガン玉の重みが相殺され、サシエと仕掛けが浮いたナチュラルな状態を作り出すことができます。そして黒鯛に抵抗感を与えずに喰わせることができます。大会当日の潮は4Bでは上潮に負け8Bでは着底してしまう。結果として選んだのが5Bでした。本当は6B・7Bが欲しいと思うくらいガン玉のサイズにはいつも気を遣います。

細かいアタリにはラインを大きく引っぱる聞きアワセが有効。

強い二枚潮の時はラインが大きく湾曲していますのでアタリは不鮮明です。だからコツンと少しでもアタリがある、あるいはラインのテンションに変化があった場合は、すかさず穂先を大きく潮上へ引っぱりながら黒鯛が喰っていることを確認します。またこれをしないとせっかく黒鯛が喰っていてもサシエとハリを吐き出す猶予を与えてしまします。

リフト&フォールが意外と効きます。

重めのガン玉を使った釣りの場合、意外とよく効くのが「リフト&フォール」です。サシエがある程度流れたら潮上へ引っぱってもう一度落とします。この時黒鯛がリアクション喰ってくることが多いです。釣友でB.S.Bの川田さんも大会のプラクティスで見事な年無しを釣られていて、聞けばやはりリフト&フォールを多用されてました。しかもリフト&フォールでは大型が喰ってくる確立が高いそうです。余談ですがこのリフト&フォールは、潮は速いけど黒鯛のダンゴアタックが頻発するような高活性時にはかなり効果的です。あっ、シークレット言っちゃった(笑)

最後に、釣り場によって釣り方も異なります。今回の攻略法は潮の変化が激しい広島湾で釣りをする自己流の方法ですので、あくまで参考程度にしてくださいね。


いつもありがとうございます。↓ ポチッと押してね!
にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: ガン玉"
黒鯛一直線さん、いつもありがとうございます。
江田島方面の潮は簡単なんですが、阿多田方面はいつも潮が複雑ですね。
久しぶりのダンゴで最初はかなり苦戦しましたがなんとか11枚のチヌを揃えることができました。
でも意外だったのは、ライトフカセの方が二枚潮を攻略しやすいと感じました。
キャストを工夫すれば狙えるゾーンの自由度が高いんです。
但しこれから秋までの盛期にはダンゴ釣りに軍配が上がりそうです。
でもまだまだライトフカセで頑張るつもりです。

2013.04.23 12:41 | URL | #- [edit]
黒鯛一直線 says... "ガン玉"
タニックスさんおはようございます!
二枚潮攻略法に限らず、ガン玉の選択が最も大切だと思います。
私は、とにかくラインを出しまくっていました。
全く逆方向から、チヌが上がって来るのも、快感でした。
2013.04.23 07:52 | URL | #NAijnZeA [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
ラシャオウさん、お疲れ様です。
今大会の私の優勝は完全にくじ運ですね〜。大会に弱い私にはただラッキーでした。
いつも思うけどマッチプレイじゃない大会はくじ運が八割と思うのです。
だって黒鯛工房杯V2のラシャオウさんがしっかりと攻めてボウズなんて、
そりゃあの筏周りにチヌが居ないことは明白でしたね。
次はプライベートだから黒神でバカみたいに釣りましょう!


2013.04.22 21:49 | URL | #- [edit]
rashaou says... ""
ナイスなアドバイスです^^
まったく私と同じ考え方とメソッドです♪
2枚潮とガン玉とのバランスがもっとも大切ですね~
でも・・・私はボウズでしたけどー・・・(グスン)
2013.04.22 21:00 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。