KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏から秋の特効エサ

ネリエ

かかり釣りで練り餌を使う方は、意外と少ないように思います。

私のホームグランドである広島湾の筏かかり釣りでは、エサと言えば「オキアミ生・コーン・練り餌」がド定番のエサとなります。これ以外のエサを用意する方は少ないでしょう。通常かかり釣りの定番エサと言えば、前述のエサ以外にも「ボケ・アケミ貝・シラサ・サナギ・マムシ等々」多くの種類があると思います。とくにボケ・アケミは必須の釣り場が多いことでしょう。

ところが、広島ではボケ・アケミは売っていません。これだけ定番のエサにも関わらず売っていないのです。無いものは使えませんから、殆どの方が「オキアミ生・コーン・練り餌」時々オキアミボイルなどで釣ることとなります。もちろん虫エサや、サナギ、モエビ、蟹、カメジャコなど使う方も。

そこで私が夏から秋の「盛期」に必ず持参する「練り餌」について書いてみたいと思います。

エサ取りの多い盛期の釣りでは、いかにエサ取りをかわしチヌに食わせるかが勝負となりますが、そうした時期には、アケミ貝など有効となるのでしょうが、売っていないため私の場合、今更珍しくもありませんが「練り餌」を用います。そこで私なりの使い方を紹介してみます。私の場合、練り餌は「落とし込み用」と考えています。

盛期において活性が高くチヌが中層に浮いている場合、やっかいなのは「アジ・サバ・フグ」です。中層狙いのため、落とし込みが有効だと解っていても、オキアミやコーンを落とし込んでは瞬殺されてしまう。やむを得ず「ベタ底釣り」を強いられるケースが意外と多いのです。このようなケースに落とし込み用として「練り餌」が効きます。

練り餌はやわらかいので、エサ取り対策には不利と思われがちですが、経験上は強いと思います。どうしてもフグにかじられたりする場合にも、少し大きめに針に付ければ効果的です。

ダンゴは中層で割れるように別打ちし、ガン玉ゼロ~3B程度でフォールスピードを調整しながら(活性が高い程ハイスピード)筏直下の縦の煙幕に沿って練り餌を落とし込んでいきます。殆どの場合、穂先をひったくっていくような明確なアタリが多いのも特徴です。

もっとも重要だと考えているのは、練り餌自体に重さがあるため、2B程度までのガン玉をセットし、フォールスピードを出しながら練り餌を先行させ沈下させることができる点。これがいわゆるフカセ釣りの肝である「エサ先行」であり、効果的なのかもしれません。

あらためて練り餌のことを書くまでもないのですが、意外にも使っている方が少ないようなので、落とし込み専用エサとしての有効性を紹介してみました。

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。かかり釣り情報満載です!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。