KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ところで「穂先」折れすぎじゃないか?

fc2blog_201205051647472e4.jpg


最近では、先径が約0.3mm。またはそれ以下の極細穂先を使われる方も多いと思う。私は数年前から、あるメーカーの0.3mm穂先のロッドを使い出してからは、頻繁に折ってしまうようになった。0.3mmという極細穂先は既に15年以上前から使っていたが、同じ細さでもここまでは折れなかったような気がする。素材が違うのかな?たぶん。

ここ2回の釣行でも、そのメーカーの0.3mm穂先を2本折ってしまった。我ながら穂先の扱いは本当にヘタクソだ。同じ穂先を再購入すれば1万円以上が飛んでいく(汗)僅かなミスでこれだから、さすがに心も折れてしまうというもんだ。皆さんはどうなのかな?

折れる原因の多くは糸ヨレによるガイドへの絡みだけど、原因不明で折れることもある。気が付けば先端のガイドが無い(涙)

誤解の無いように記しておきますが、そのメーカーの極細穂先は「感度」や「アタリ表現」はとても素晴らしく、私自身、最近この極細の穂先ばかり使っている。今一番のお気に入りで、このメーカーの穂先の威力は大きいと感じてる。本当だ。これはブログ記事でも記している。

だが穂先も折れて心も折れた、、、(笑)

機能面ではお気に入りだけど、お財布にはぜんぜん優しくない。(これは穂先を折るヘタな私の場合だけ!)

実は0.35mmや0.4mm穂先でも、集中力をもってすれば釣果はさほど大きく変わらないと思ったりもする。よくよく考えれば、極細穂先を使うこと自体が「釣趣に溢れている」から使っているのかもしれない。細くて繊細で壊れやすい穂先。だけど、いかにも釣れそうな気がする。だから極細穂先にますます心が傾き、この穂先だから釣れたと思いこんでいる一面もあると思う。

いずれにしても、あらゆる種類のロッドの中で、こんなにも繊細な扱いを要求されるロッドは無いのでは?感度や表現が向上するのは良いが、お財布に厳しくなるのは勘弁してもらいたいのも本音。

ここまで穂先のことを言うのであれば「自分で作れ!」と怒られるだろから、そろそろ穂先だけでも自作できるよう勉強しないと。

ところで、某メーカーから穂先がメタル製のロッドが発売された。しかも先径0.3mmとなっている。極細で折れない!ぜひ使ってみたい!今使ってる穂先の3~4本分で買えそうだ。どうしようかな。

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。かかり釣り情報満載です!



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。