KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタリとアワセ「深場編」

1枚目


チヌの活性の高い盛期におけるオキアミやコーンなど、比較的小さな餌の場合のアタリとアワセを紹介します。ただしダンゴの底釣りに限った一例です。(中層釣りの場合は異なります)

釣り場が違えば釣り方も千差万別。あくまでご参考程度に。

1. アタリとアワセについて「深場編

水深が深い(20m超)の場合、ラインに水圧や潮流が影響するために、浅場に比べアタリが出にくいのも事実です。その為、深場ほどアワセの難易度は高いとも言えるでしょう。よく実践される「聞きアワセ」を使う場合もあります。穂先を持ち上げて穂先がもたれたままだとチヌはサシエを咥えているサインですから、ここがいわゆる「聞きアワセ」のタイミングです。

但し、サシエを吐き出さない喰い気満々のチヌや、既にサシエを飲み込んでいるチヌなら良いでしょうが、数を伸ばすには他のアワセも必要でしょう。そこで、深場で実践しているアワセのタイミングを紹介します。

深場の場合には前アタリは出にくく、またモゾモゾとしたアタリも判りにくいケースが多いと思います。したがってアタリがあれば既に本アタリの可能性が強くなります。しかし穂先を大きく引き込むアタリは既に魚が反転しているアタリなので、これは誰でも合わせます。

そうではなくて、穂先に「コツン」とくるアタリがあるとします。このコツンの場合のアワセのタイミングが難しいのですが、私の場合には、コツンが連続で2回あれば迷わずアワセます。それでもチヌが餌を飲み込んでいるケースが多いので、1回目のコツンでアワセても良いかもしれませんが、それでは確証はありません。実践上の目安として「連続したコツン2回目」でアワセます

但し、雑魚のアタリとの見分けも必要です。それに関しては各釣り場の雑魚の種類が異なりますので、何とも言えませんが、チヌのコツン!はサシエを咥えて頭を振る強めの合図なので見分けやすいと思います。

重要な点は、連続でコツンというアタリがあること自体がすでに喰ってると考えた方が良いということです。そして付け加えるなら、深場で送り込みはあまり効果的ではないと考えています。何故なら、それはサシエを吐き出す余裕を与えるだけかもしれませんので。

今回は個人的な考えによるアワセの一例に過ぎませんので、
どうかご了承ください。


にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。かかり釣り情報満載です!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。