KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思えばもう釣り歴40年。

小学校に入る前から祖父と一緒に、竹竿でハエやウグイを釣っていた。中学生の時、広島に移り住み、それからは友達と海釣りにハマった。

その後、数多くの釣りをやってきたが、その中でも夢中になったのがバスフィシングとチヌ釣り。今では「かかり釣り」がメインだが、チヌ・フカセ釣りも相当やったと思う。基本的に「食べる魚を捕る」という楽しみは全く無く、純粋に釣りのゲーム性を楽しむことが好きだった。

ところで、バスフィッシングはルアー。チヌ釣りはエサ釣り。全てがまったく異なる釣りなのだが、何故か私にはかなり似たジャンルに思えてしまう。どちらの釣りも、事前のシミュレーションが重要であり、パターンを見つける釣りだからだ。

パターンフィッシングと言えば、バスフィッシングのセオリーだが、実は「かかり釣り」も、意味は違うがヒットパターンを見つけ出す事が重要となる。その日のヒットパターンを上手く見つけ出すことができるかどうかで、釣果に大差がついてしまう。釣り人のテクニックの差で釣果に大きな差が出る。これこそが釣りの醍醐味であり「ハマル」原因だと思う。

現在では、バスフィッシングは事実上、引退したのかもしれない。 歳だから? そうかもしれない。大好き釣りだったのだが、ボートのエレキ用バッテリーは25kgもあり、加えてボートも重い。なにもかも40代後半の肉体には厳しくなり、近年まったく言っていないのだ。腰痛も大きいね。今は、完全にチヌの「筏・かかり釣り」ばかりだ。これからは、バスフィシングのメソッドなども取り入れて、もっと面白さを追求したいと思っている。

釣りはいつでも、創意工夫、次への探求心、

バスプロの「下野」さんがいつも言ってる言葉。「釣りは釣れないのが楽しい」名言である。まさにこの言葉には、釣りの本質が見えているような気がする。

そう言えば、いつもH渡船の乗船中にお話することが多い達人「S氏」。ご年配だがナイスガイでいつも元気。
この方も言っていた。「釣れない筏に上げてくれい!」「誰でも連れる筏は練習にならんじゃろ」
流石だな。本物の「釣り師」だ、、、、私はまだこの域にはほど遠い、普通の「釣りキチ」だな、、、、、

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。