KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかり釣りのこれから

最近私は、かかり釣りはこれからもっと新しいスタイルが生まれるのではと考えています。というのも、ダンゴ釣りが基本となることが多いかかり釣りは、タックル的にに大きな差はないし、広角・ハワセ・流しなどテクニックはいろいろあるけれども、昔と大きく変わっているとは思えない。

しかし最近では、「ダウンショットリグ」やタングステンシンカーを使った「キャロライナ・リグ」などバスフィッシングのリグを応用した釣り方も一部であるが紹介され、トライされる方も増えた。私は、ダンゴにサシエを包まずに別打ちで釣る釣り方にすると、もっと様々な釣方が生まれると思っている。実際に私はメバリング用のティップの細いルアーロッドを使ったオリジナル釣方もテスト中だ。

スピニングタックルをイカダ・カセに持ち込む人は少ないと思うが、これは磯フカセ釣りのメソッドを取り入れたもの。詳しくは近いうちに公開したいと思うが、おおまかには、中層、しかも広範囲に遊泳しているチヌを狙うための釣方とタックルとなる。これには、どうしてもスピニングタックルが必須であり、8ft〜9ftと少し長めのロッドも必要となってくる。

かかり釣りでは、ほぼ1本のタックルで釣ることが多いと思うけど、これからは、片軸、両軸、スピニング、ベイトなどバスフィッシングのように複数のタックルを用意して状況に応じて使い分け、楽しむこ人が増えるかもしれない。但し、それには、単純に枚数が多い釣り方が一番!と考えていたら難しいと思う。
それよりも、自分なりのシミュレーションで釣る1匹の喜びを持たなければならないだろう。バスフィシングでは「トップウォーター・フィッシング」と呼び、沈まない水面系ハードルアーのみで釣るジャンルがある。

このトップにこだわるバサーは意外に多いのです。明らかにトップオンリーでは圧倒的に不利なのに、釣果の数は気にしない。自分がセレクトした「トップウォーター・ルアー」で釣ることが目的であり、ワームで釣れたとしても、その人には全く価値はない。

このように、釣果だけを求めれば「タックル・メソッド」も限られたものとなるが、
「自分の釣り方にはめる」という意識を持つと、かかり釣りも多様化するかもしれないと時々思うのです。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。