KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかり釣りに出会って良かった。

筏風景2


竹竿のハヤ釣りから始まり、鯉に鮒、山女に鮎。自分こそ釣りキチ三平と思い込んでいた子供の頃。中一の頃の愛読書が釣りサンデー。服部名人に憧れ、11PMで巨泉のイレブンフィッシングを見ていた。そして島根の山奥から広島に移り住み、海の投げ釣りにフカセ釣り。それからバスフィッシングに長くはまり、ソルトルアーも少々やった。気づけば釣歴40年。

そして今一番愉しんでいるのはチヌかかり釣りだ。どの釣りも面白くて最高だけど、何故だか自分ではよく解からないが、かかり釣りにはゾッコンだ。何が自分の琴線に触れたのかが判らないが、ひとつ言えるのは攻めれば応えてくれる釣り!一貫してこういう釣りが好きだ。

エサ釣りは数多くあるけど、かかり釣りは特異な釣りだと思う。超がつくほど繊細かつダイナミック!ブラックバスのシーズナリーパターンを読み解いていくのも面白い!しかしチヌの「かかり釣り」も負けず劣らず深い。とても深くて面白い。そしてチヌは考え抜いた自分の企てに必ず応えてくれる。これがたまらない!

本当にかかり釣りに出会って良かった!

思うに、かかり釣りという釣りは、およそ世界の釣竿の中でありえない程の極めて繊細な穂先を使う釣りだと思う。そのあまりに細くて繊細な「一点」を通じて魚とのコンタクトを試みるのがたまらない!ただただシンプルにしてナチュラル。

この釣りを玄人の釣りと仰るなかれ!自分と海中の魚とが、余計なものを省いた細糸だけで通じ合えることのできる素朴でもある釣りであり、実は繊細かつ豪快!そして漁ではなく釣り。それを強く感じることのできる釣り。

いや、自分が今「かかり釣り」という釣りに心酔しているだけであり、釣り人としての自分は、あらゆる釣りが面白くてたまらない。とにかく水が張っていたら竿を出したがるのが釣り人であり、自分が釣り人である以上、死ぬまでそうなのだろうな。

ところで、「かかり釣り」は広く知られた釣りとは言えないのも事実。でも様々な釣りを経験した自分が今本当に愉しめている釣りだから、もっと多くの方に知ってもらいたいと思う気持ち強い。渡船代やダンゴ代が高くつく釣りであることも間違いないけど、もしトライしたいと考える方がいたら保証しますぞ。

その病み付きになる面白さを!


にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。かかり釣り情報満載です!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。