KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラインにマーキングの勧め

マジック2

かかり釣りの「中層落とし込み」に威力を発揮するのが、

油性マジックを使ったラインへのマーキング

既に多くの方がラインにマーキングを実践されていて、もはや「かかり釣り」では基本テクニックとなります。しかしまだ試みない方も意外と多いので簡単に紹介します。但し水深15m以上の深場の方がより効果的でしょう。

私の場合は、着底が判る水深分の位置と、底から2〜5ヒロ(水深や状況により)の位置2カ所にマジックインキで印を付けます。幅は3〜4cm程度ですね。

上下で2色使い分けるとベスト!

中層落とし込み釣りの場合、中層から底までをサシエを落としながら釣るわけですから、2カ所にマーキングすることで、毎回、狙いたいゾーンに正確にアプローチできます。

ダンゴ釣りの中層落とし込みでは、狙いのタナでダンゴが自然崩壊するように調整し、配合エサの沈下とサシエの沈下を同調させながら落とし込んでいきます。したがって中層でダンゴが崩壊してからサシエが着底するまでの間がHOTゾーンであり、この間に神経を集中させアタリを待ちます。

しかし、狙いの中層位置でダンゴを自然崩壊させることは極めて難しいので、最初のマーキング位置が近づけば、テンションを掛けてやりダンゴを強制的に割ることも必要となってきます。頭の中でダンゴの沈下距離をカウントしても良いですが、マーキングがあれば楽です。但し、油性マジックでマーキングしても、ガイドでラインが擦れますから目印は長持ちしません。ある程度薄くなってきたら再度上塗りの必要があります。

これからの季節はチヌが浮くことも多くなり、また海底付近に湧くエサ取りをかわす必要もあるかもしれません。中層を意識した釣りの出番は多くなりますので、

まだラインにマーキングを試したことの無い方は是非お勧めします!


にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。かかり釣り情報満載です!

スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: はじめまして!"
asanagi2011さん、ブログご覧いただきありがとうございます!
実はasanagi2011さんのブログは先日拝見していました。村上餌虫店とかすごく気になってgooglemapで調べました(笑)それから、すごく写真が綺麗なブログですね。広島にも釣行されてるとは広島の筏師としては嬉しい限りです!今度広島へ釣行される際にはぜひ教えてください。これからもヨロシクです。
2012.05.13 18:04 | URL | #- [edit]
asanagi2011 says... "はじめまして!"
tanix777様はじめまして。 

asanagi2011と申します。
最近では船釣りもやっていますが、かかり釣りは20年以上でいわゆる釣りキチです。
宮島方面へも時々おじゃましていました。最近はさくら渡船さんを利用させていただいてます。

かかり釣りについてたいへん深い造詣をお持ちのようで、感心してブログを拝見しました。
様々なメソッド、是非参考にさせていただきます。

当方も昨年よりFC2でブログを書いております。
お暇でしたら是非覗いてみてください。

今後もちょくちょく拝見させていただきますのて゛、どうかよろしくお願いいたします。
2012.05.13 13:53 | URL | #SFo5/nok [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。