KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアクションバイトについて。

バス2

ものは試し。リアクションバイトを誘う!?

私はバスフィッシング歴も長かったり、さらに20年以上「チヌかかり釣り」をやっていると、ついアレコレと試したくなります。そこで最近トライしているのがリアクションバイトを誘発させる釣り方です。

チヌのかかり釣りにおいては、基本的にエサ釣りですから、ルアーフィッシングのようなリアクションバイトの誘発といった動作はあまり聞かれません。でもチヌはルアーで釣れる魚であり、デイゲームでポッパーにアタックしてくる姿を見ると、本当に同じチヌ?と思うほどです。

つまりチヌは雑食性でフィッシュイーターの一面を見せることもあるから、早く動くエサに対し果敢にアタックすることは、自然な行動なのかもしれません。

さて、かかり釣りやフカセ釣りにおいては、釣りの最中にサシエを激しく動かしたりはしません。どちらかというとサシエを不自然に動かさないようにしているはずです。しかし、かかり釣りなどエサ釣りにおいて、リアクションバイトを誘発するテクニックは全く必要ないのでしょうか? 私は時には必要じゃないかと思っています。

もちろん、かかり釣りでも上下左右に「誘い」を用いることも多く、これもある意味「リアクションバイト」を誘発させていると言えるかもしれません。但しこれらはスローな誘いが多いので、私はもっと動作の大きなアクションを試してみたいと考えています。

過去の実践上、チヌの活性が高まる時期において効果があり、リアクションバイトを誘発させているのでは?と自分で勝手に思い込んでいるアクションの例を挙げるなら、

1.トゥイッチ
2.ストップ&ゴー
 

1.トゥイッチとは、ジャーキングのような激しいロッドアクションではなくて、穂先で軽くしゃくる動作です。なかなかイメージ通り喰ってこない時、穂先で1~3回程度小刻みにしゃくって止めます。意外とこれで反応して喰ってくるケースが多々あります。

2.ストップ&ゴーは明らかに効果的と感じており、釣行時には必ず実践しています。大きく分けて2種類あります。早い潮にのせてサシエを流す時に行うストップ&ゴー。そしてフォールスピードを早くした中層落とし込み時に行うストップ&ゴー。

但し、私の場合いずれも「ガン玉装着時に限ったアクション」となっています。ガン玉の重さがないとアクションも出せないので。(詳細については近々ブログで。)

とくに(2)に関しては、実釣上で効果が高いと感じていますので、毎回行っているアクションです。喰いが悪い時、ものは試しにいろいろなトライするのもありかも?


にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。かかり釣り情報満載です!

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。