KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島湾のかかり釣り紹介

阿多田風景


私の釣行エリアは「広島湾」です。
ご存じの方も多いでしょうが、広島湾は全国屈指のチヌの魚影の濃さで知られ、磯ふかせ釣りでは、メーカー主催のメジャータイトルを制したプロ達も多いチヌ王国です。しかし、広島近郊におけるチヌ釣りでは「かかり釣り」はメジャーではありません。圧倒的にふかせ釣りでしょう。

そんな広島でも、私の知る限り筏かかり釣りが楽しめる渡船が3カ所あります。エリアとしては、日本三景であり世界遺産・厳島神社と大鳥居が美しい「宮島」周辺の筏と、隣の島「阿多田島」周辺の筏です。いずれも広島名産の牡蠣筏からの釣りです。最近では、江田島周辺の筏もかかり釣りが楽しめるようになりました。ここも良く釣れています。どのエリアも良く釣れるので、他県からも遠征組みも多いですね。

そこで、少しでもご参考になればと思い、広島エリアの特長を紹介します。釣り場である牡蠣筏の水深は約20mとやや深めです。そして広島湾の特長は潮流が速いことです。瀬戸内海なので干満の差は激しく、潮が動かない日は殆ど無く、潮の速さに初心者には釣りにくい日が多いでしょう。

しかし、この潮流の変化が楽しいとも言えます。そしてオモリ無しの完全フカセのテクニックが盛んだと思いますが、ポイントによっては、筏の底も牡蠣ガラなどで海底が荒れている場合もあるので、ハワセ釣りなども難しいかもしれません。とくに潮の速い阿多田島の場合には、B〜1号オモリまで使い分ける方が好調果が多い気がします。それではここで、初めて広島に釣行される方への「宮島・阿多田の筏」の釣りの特長を、私なりに挙げてみます。

・潮流が速いのでオモリ無しで1日釣りきるのは困難かも。
・水深はどの筏も20~23m前後が多く、一部は35m以上も。
・多くの釣り人がオキアミ生3kg〜をダンゴに混ぜ込みます。
・地元の釣り人は「ヌカ団子」を使う方が多いようです。
・アケミ・ボケなどの定番エサは広島では売っていないようです。
・一部のエリアでは屋根付きの作業屋形も利用できます。
・広島の渡船の迎えの時間は、平均して2時30分〜3時です。
 実釣時間は7〜8時間前後でしょう。延長はありません。
・厳寒期でもボウズは少なく、オフシーズンが無いと言えます。


最後に、広島湾のチヌかかり釣りは、どのポイントで良く釣れるでしょう。私自身も長く通っていますが、今まで完全ボウズは1度くらいしか経験ありません。とくに厳寒期でも釣果が期待できる釣り場です。冬場は意外と浮いていることも多いので中層狙いも重要です。是非一度、広島湾のかかり釣りをご体験ください。詳しくは下記の各渡船のHPで見ることができます。

・大知渡船 http://www43.tok2.com/home/koubou-ohchi/
・平内渡船 http://www7a.biglobe.ne.jp/~hirauchi-tosen/
・さくら渡船 http://www.sakuratosen.com/blog/

にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。