KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の宝物。

fc2blog_20120515175422994.jpg

小説家 「開高健」。

芥川賞作家であり、純文学で世界的にも高い評価を得ている小説家。そして釣り人。南米のアマゾン川や世界各地を釣り歩いた「オーパ!」や、釣りの紀行文の先駆けでもある「フィッシュオン!」をご存じの方も多いと思う。

私も「オーパ!」を最初に読んだときには衝撃を受けたものだ。旅する、釣る、食べる、飲む、女。ことごとく氏のペンにかかれば、読んでいる人をとろけさせる魅惑のボキャブラリーが絶え間なく綴られていく。

氏の釣りに関係した書籍は、頁の半分近くが写真で編集されていて、釣り人にとっては垂涎の風景や世界各地の様々な魚で溢れている。だから読まなくても楽しめる、世界を釣り歩いた釣行写真集でもある。

オーパコスタリカ編


開高健は小説家で有名だけど、実は今の「サントリー」、旧社名「寿屋」にコピーライターとして在籍していたことがある。私も広告に関する仕事で飯を食っているので、このことは私にとって実に興味深い「氏の歴史」であった。

そしてある日、開高健が寿屋宣伝部に在籍していた時代の資料と偶然にも出会うこととなる。

それが写真の「寿屋社員録と氏の写真」。昭和34年に発行されたものだけど、住所録には作家・エッセイストの山口瞳。そしてトリスウィスキーCMで有名なイラストレーターの柳原良平など、 錚々たるメンバーのアドレスが記されている。

人によっては何の意味も持たない古めかしい住所録と、知らない人が写っている一枚の写真なのだけど、どうしようもなく欲しくなり手に入れたもの。

開高健のオーパ!などの釣り紀行文は、釣りにいけない憂鬱な時間に読んだり、寝る前のウイスキーの友であったりと、私にとっては「永遠の愛読書」と言っていい。

その小説家「開高健」の歴史の一部に、まるで「タイムスリップ」したかのように、氏の人生の瞬間に一瞬触れさせてくれるこの資料は、

大切な私の宝物となっている。


にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: 初めまして"
平山さん、ブログご覧いただきありがとうございます!
ブログリンクのコメント報告をすっかり忘れてました(汗)
釣行エリアは違いますが、今後も情報交換など宜しくお願いいたします。

ブログはまだ始めたばかりですが、かかり釣りの魅力を広めるために、
微力ながらこれからも頑張ってまいりたいと思います。
2012.05.16 16:34 | URL | #- [edit]
かつき says... "初めまして"
初めまして、かつき会の平山です。
興味深く拝見しておりましたが、ブログリンクして頂いているのを見つけ、慌ててこちらもリンクさせて頂きました。遅ればせですがお詫びかたがた改めて宜しくお願い致します!

オーパ!…私も久しぶりに読みたくなりましたが残念ながら引っ越しを重ねるうち紛失してしまいましたので、先日アマゾンに注文しました ^0^
広島へは中々行く機会はありませんが、過去大知渡船さんへは何回かお邪魔したことがあります。
またこれからもいろいろ情報交換も含めて お世話になるかもしれませんが、ヨロシクお願いいたします!!   ((ノ(_ _ ノ)
2012.05.16 10:44 | URL | #46MGZwkA [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
きまぐれヒデさん、いつもご覧ありがとうございます。
とても自由で雰囲気の良い倶楽部なので、釣行会を機に入会しました。
今まではただ釣りを愉しむだけだったのですが、
ブログやツイッター、またクラブを通して、
今までと違った釣りとの関わり方が始まるかなと思っています。
同じ釣りブロガーとして、きまぐれヒデさんも一緒に盛り上がりましょう!
2012.05.16 01:22 | URL | #- [edit]
きまぐれヒデ says... ""
いつもブログ拝見して、勉強させてもらってます。

釣りも、物書きもですが(*^_^*)

先日の釣行会、お疲れ様でした!

ラシャオウさんと、同じクラブに入られたんですね!今後も、お二人の活躍を楽しみにしています(^_^)
2012.05.15 21:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。