KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかり釣り入門(1)

近年のチヌかかり釣りでは、広角、ハワセ、中層落とし込みといった釣技のバリエーションがとても豊富です。釣り雑誌やWEBでも様々なテクニックが紹介されていますが、今回は「チヌかかり釣り」を始められて間もない方に参考となるであろう釣り方のポイントを紹介します。

fc2blog_201205031747222fd.jpg


基本テクニックの種類とローテーション。(ダンゴ釣りの場合)

あくまで釣り方の一例ですが、下記の順番を基本としたローテーションを行えば、チヌの居る場所や、喰ってくるパターンを早くサーチすることができます。

1,底トントン サシエを海底スレスレにキープさせた状態でアタリを待つ。
  ↓
2,ハワセ サシエを海底に張り付かせた状態。チヌが海底を意識しているか判断。
  ↓
3.流し込み 潮流に合わせてラインを送り出しながら、潮下を探る。
  ↓
4,誘い上げ 穂先を上方に持ち上げながら、チヌが浮いているかどうか判断。
  ↓
5,中層落とし込み チヌが浮いてる時、中層でダンゴを割ってサシエを落とし込む。
  ↓
6,大ハワセ 潮流時、着底後ラインを余分に出しサシエをダンゴ周りと底にキープ。


釣り初めはオモリ無しでスタートし、潮流の強さや流れ具合などを把握することも重要です。そして状況に応じてオモリを付けたり外したりしながら、ヒットパターンを見つけ出すことに専念します。

しかし(1)で十分釣れる。あるいはダンゴアタックがあるような高活性時には、ダンゴでチヌを底に集めて喰わせれば良いので、あまり数多くのローテーションの必要性はないでしょう。

そうした状況では、あれこれ攻め方を変えるよりも、ダンゴ投入〜回収といった
一定リズムの「手返し」により、
寄せたチヌを長く留めることに専念したほうが良いでしょう。

この「手返し」は本当に重要であり、同じ筏や近くのカセの人に釣り負ける原因は、この手返しの差かもしれません。とは言え、闇雲に大量のダンゴを打つのではなく、根気強く「一定リズム」を変えないことが大切です。

注)但し春先の低水温期にはダンゴ量を控え、一投ごと時間をかけた釣りも必要です。

また、かかり釣りを始められた方によく見られるのが、釣れないとすぐ手を休める人がいます。また置き竿で放置するなど。しかし、釣れない時こそ「一定リズムの手返し」&上記に示した「攻め方のローテーション」が必須です。

ダンゴ周りにチヌが居ないだけで手を休めては、釣れるものも釣れないでしょう。とにかく、「チヌを探す〜喰わせる」「その日のヒットパターンを掴む」ことを意識して釣行を繰り返せば、あっという間に上達するのではないでしょうか。


にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。かかり釣り情報満載です!

スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: タイトルなし"
室伏(弟) さん、いつもご覧いただき感謝!です。
変なツイートしてしまいご心配かけたかも。
ちょっと気を抜きながら、まだまだブログ頑張っていきたいと思います!
鉛の使い方了解です。近々書いてみますね!
2012.05.21 06:07 | URL | #- [edit]
室伏(弟) says... ""
ありがたや・・・ありがたや・・・。
初心者の私にはありがたい情報でございます・・・。
参考にさせて頂きますヾ(´ー`)ノ
(鉛の使い方も教えて頂けると嬉しいです♪)
2012.05.20 22:35 | URL | #90n7uAxM [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
ブログご覧いただき感謝です!
レジャーフィッシングに連載されていたのですね!いや~私なんかのブログはお恥ずかしい限りです。
でも、かかり釣りは本当に面白い釣りだよ!ということを伝えたくて書きました。バスフィッシングの経験も長いですが、かかり釣りも同様に、自分の考えたシミュレーションにキッチリ応えてくれる釣りだらか面白い。そういう部分をこれからも伝えることができたら嬉しいですね。これから引き続き宜しくお願いいたします!
2012.05.19 19:03 | URL | #- [edit]
かつき says... ""
昔(7,8年前くらい?)に「レジャーフィッシング」にて同じタイトルで5回ほど連載掲載したのを思い出しました。 といっても本当に一からの初心者向けで内容はもっと単純でしたけど、、^0^

私がチヌ釣りを始めたころは「チヌ釣りは石を釣れ」と言われたように底が基本でしたが、私も当時このような記事を書いてくれる人が有ればもっと早くに[あっという間に上達]したでしょうに、、、(*^▽^*)

チヌ釣りの年齢層が段々上がって来ているように思われますが、このような記事をどんどん若い
方たちに見て貰って参考にし、かかり釣り人口が増えてくれれば嬉しいですネ!!

2012.05.19 13:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。