KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかり釣り入門(2)

かかり釣り「私的入門編」。
海中を各エリアに分けて考えてみよう!


odanngo2

かかり釣りを始められて間もない方へ、ご参考になれば。

かかり釣りは、筏・カセ共に足下直下を中心に狙う釣りです。通常の握って固める団子の場合、途中で崩壊しながら沈下しますので、海中では図のようにダンゴ煙幕の帯が発生します。そして潮の流れも加われば図のようなイメージになるでしょう。下手な図ですが。

そこで図に示したように、潮流を意識したエリア構成をイメージし、各エリアに適した釣り方やローテーションを実行すれば、釣果もアップするはずです。

まず最初に狙うのは(A)ダンゴ中心部エリアです。かかり釣りの基本はダンゴを使い、黒鯛を着底したダンゴ周辺に寄せて釣ります。しかし黒鯛は底魚ではありません。普段は中層を遊泳していますので、いつも底で釣れるとは限りません。

黒鯛が釣れる、またはアタリが出るエリアを探すことが重要。

潮が動いて状況では、(A)〜(B)〜(C)〜と順番に探っていけば、早く黒鯛をサーチできると思います。(A)で釣れなければ、(B)エリアの底をハワセ気味に流してみます。それでも釣れないようなら(C)でサシエを底スレスレ、あるいは少し浮かせ気味に流してみます。

ここで注意することは、(B)のベタ底をハワセながら釣るのと、(C)のサシエが底スレスレで浮かせて釣る差は意外と大きいので区別して考えることが重要です。

そしてアタリや釣果で黒鯛が浮いていると判断できたら、(D)のエリアでダンゴ抜け後の誘い上げや、中層釣り。また中層からサシエを落とし込む釣りを試みても釣果アップにつながるかもしれません。

(E)エリアはあまり狙うことはありませんが、黒鯛が完全に浮いている場合はダンゴを中層で割り、磯フカセ釣りの要領で中層に絞って釣ることもあります。

思うように釣れなくても、黒鯛は必ず何処かに居るはずだ!と思って、広範囲を丁寧にアプローチしましょう。(各エリアに適した釣り方は次回で紹介します。)

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。チヌ釣り情報満載です!

スポンサーサイト

Comment

tanix777 says... "Re: タイトルなし"
くろたろうさん、ブログご覧いただき感謝です!
ところで、チヌをのべ竿で釣られているのですね。
私も昔からチヌをのべ竿で釣りたいと思ってましたが、まだ経験していません。
ブログ参考にさせてもらいます。のべ竿チャレンジしたくなってきました!
これからもヨロシクです!
2012.05.25 20:30 | URL | #- [edit]
くろたろう says... ""
こんにちは


毎回丁寧に記事を書かれてますね!

楽しく読ませていただいて参考にしてます!

チヌの生態に迫った記事を期待してますね!

2012.05.25 18:14 | URL | #- [edit]
tanix777 says... "Re: うお!"
室伏(弟)さん、毎度ありがとです!
海中のことをアレコレ想像すると、釣りが楽しくなりますからね。
もうすぐデビューですね!これからの時期のかかり釣りは楽しいですよ~。
2012.05.25 06:51 | URL | #- [edit]
室伏(弟) says... "うお!"
概念図!素晴らしいっす。めっちゃわかりやすい!
図に表すとこんな感じになるんですね。
A・B・Eはイメージとして持ってましたが、C・Dがなかったです。
それにしても、ニヤニヤしちゃう内容ですね♪
たのしーーーーε- (´ー`*)
2012.05.24 23:22 | URL | #90n7uAxM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。