KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかり釣りの魅力

チヌかかり釣りの魅力ってなんだろう。

かかり釣りのロッドはとても短くて、おそらく世界の様々な魚釣りロッドの中でも、最も細くて敏感な穂先をもつ希有な竿だと思う。この繊細なロッドに、通しラインのみの仕掛けで釣る。繊細にしてシンプル。細かな魚からのアタリが、穂先にダイレクトにダイレクト伝わることの面白さは格別だ。

そして掛けた魚とのやり取りもまさに手釣りに近い感覚だと思う。強烈な引きに対し、磯竿のようにロッドが魚の力を吸収してはくれない。だから腕の動きでかわしていく。すなわちスリリング!なのである。大物がヒットすればギリギリの攻防が繰り広げられる。

また、ラインを通して海と自分の腕がつながっている感覚は、他の釣りでは味わえない。これも面白い。全ての動作はシンプルそのもの。ほぼ全神経を穂先に集中させており、そこに出る僅かなアタリは未経験者では隣で見ていても全く判らないほど。それほど繊細な釣りだと思う。

但し、かかり釣りを始めるには、初心者や若い人達にはハードルが高いようにも思う。タックルも完全に「専用」の物となるので、ルアーフィッシング等のロッドも使えない。アジングやメバリング、エギングなどのルアーロッドは使い回しもきくが、これが「かかり釣り」になると、全く使えないロッドだから、全て新しく購入しないといけない。だから、かかり釣りを始めるに「覚悟」が必要。唯一無二のタックルは、他の釣りに浮気できないのだ。

加えて「場所」の問題。地方によってはイカダ・カセの釣り場自体が無い所が多い。
これはどうしようもないか、、、、

ただし、一旦トライしてみると、これは皆がハマります。私も今まで多くの人を入門させてきたけど、殆どの人がハマッた。長続きするかどうかは別だが、皆が一応に繊細な釣りに、感嘆し惚れる!

チヌかかり釣り、、、、メジャーじゃないけど、最高に面白いから爺さんになっても続けよう。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。