KURODAI@PRESS

世界遺産「厳島神社」が美しい宮島や広島湾各所から、チヌ(黒鯛)のかかり釣り日誌や、雑感をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りのダンゴレシピ

最近の釣行で私がよく使う団子の配合を紹介します。と言っても普通の既製品のみでブレンドしています。本当は糠と砂がベースのダンゴを使いたいのですが、マンション暮らしで糠を混ぜたりストックするスペースが無いので最近は既製品ばかり。

かかり釣りのダンゴは、皆さんそれぞれに工夫があり、どれが一番良いとかはありません。またこれからの盛期にはベース材の濁りだけで十分で、集魚の添加剤など不要と思える状況になることも。しかし、最近の釣行で試している製品は、明らかに黒鯛の寄りや、活性のスイッチを入れる効果があるような気がしていますので紹介します。

でも私なんかお手軽の既製品ばかりで、オリジナリティはゼロ。あしからず。

dango

・紀州マッハ攻め深場 1袋
・本筏チヌ 1袋
・速戦爆寄せダンゴ 1袋
・荒びきさなぎ 900g
・オキアミ生スライス 3kg

前回ブログで予告した割には、珍しい物使ってないし、
怪しい液体系も無いし、もの凄〜く臭そうなものも無いし、、、
ごく普通じゃん!と怒られそうですが(笑)


私は昨年から上記のダンゴレシピを使うことが多くなっています。この配合のお気に入り理由は、水分がやや多めのシットリ系でも使いやすく、ダンゴが針残りせずキレイに抜けることです。少々強めにテンションを掛け、ダンゴからサシエを抜き出しても針残りしないことがポイントですね。さらに着底後5秒、10秒で割れるような微妙な調整が可能にできると感じています。さらに水分量の調整幅が大きく、失敗の少ない配合です。

ちなみに私の場合、水深20mで約10〜12回握るくらいで使っています。パサパサの状態では握る回数が多くなり、手にかかる負担が大きいのでシットリ系を好んで使っています。

そして、ダンゴに混ぜ込むオキアミ生のスライスですが、これに関しては広島では多くの方が使用しますので、黒鯛がオキアミに付いていることが理由です。もう一つの理由は、磯フカセ釣りでもオキアミは基本のマキエであり、実は集魚効果は一番高いと感じています。中層や落とし込みを意識した釣りの場合、オキアミマゼは私にとって必須です。

さて、前置きが長すぎましたが、一番効果を感じている製品があります。それは!

マルキュー 速戦爆寄せダンゴ!

確証はありませんが、この製品を配合するようになってからは、同じ筏に上がった人と比べて明らかに釣果や反応が良いようです。最初の数回は、たまたま私の釣り座の活性が良かったのだろうと思っていましたが、これが7回も8回も続くと明らかに「速戦・爆寄せダンゴ」の効果では?と感じるようになりました。

ある有名なプロの方も、爆寄せダンゴだけは入れた方が良いと言われたことを又聞きで知りました。本来は紀州用のダンゴ材として売られている製品です。

きっと思い込みが強いのですが、それも大事ね。

最後に、あくまでダンゴは人ぞれぞれ。釣り方や場所によっても異なりますので、決め手となる特効薬などないと思います。盛期には集魚材を入れすぎてエサ取りばかり寄ってしまったとか失敗もよくあります。なので私も夏から秋の盛期には、パワーダンゴチヌ単品とオキアミ生スライスのみがメインとなることが多いですね。


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
↑ ポチッと押してね。チヌ釣り情報満載です!

スポンサーサイト

Comment

Tanix777 says... ""
ラシャオウさん、私はダンゴ釣りとシンカー釣りの手返しの効率の差を検証したいな。爆釣モード時に限りますが。(^_−)−☆
2012.05.31 21:17 | URL | #- [edit]
ラシャオウ says... ""
前日の調査釣行は2種類のダンゴを試します♪爆寄せの集魚力重視と糠ベースの濁り重視。感じでは集魚力重視でダンゴペースを変えていくのが良さそう♪私めはコーンの見極めが勝敗を分けると考えてます(^O^)
2012.05.31 07:31 | URL | #- [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
海水人Ⅱさん、コメントありがとです!同行者と集魚剤の違いを試されるのは良いですね!本当に効くものだけをセレクトできれば、メーカーの「策略」には負けない!(笑)ちなみに私はダンゴ量が増える時期に入ったので、そろそろパワーダンゴチヌ単品コースに切り替えます。2ケース使うのでそれでも高いですが(汗)
2012.05.31 05:24 | URL | #- [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
流石!やはり使われていましたね。爆寄せダンゴの比率がすごい!しかし今回のJFTの大会場所「さくら渡船、湾沖」は、バカみたいに釣れまくってますから、ダンゴより、どう考えても手返しスピード合戦ですな。太ハリスのぶっこ抜きでいくしかないような。あとは連続使用に耐えられる針先の強いフックかな?
2012.05.31 05:02 | URL | #- [edit]
海水人Ⅱ says... ""
なるほど速戦爆寄せダンゴでしたか!!
私は今年になり極端に釣行が増えましたので、ここのところ三重県限定?のあかまると糠・砂に激荒半分・アミエビ少々だけです~(^^;
ただ、同僚と集魚剤を入れた場合どう違いが出るか試していこうかと!
釣り座が隣ならあんまり参考にならないかも知れませんが・・・(笑)
2012.05.30 23:01 | URL | #- [edit]
ラシャオウ says... ""
速戦爆寄せは私めもお気に入りで必ず入れますね~o(^-^)o集魚力は強く♪比重が高く♪餌出しが容易♪爆寄せと本筏のコンビは必勝な時に選びます♪JFTには爆寄せ×4、本筏×2、チヌの舞ホワイト×2を準備していますわ~( ̄∀ ̄)
2012.05.30 21:26 | URL | #- [edit]
tanix777 says... "Re: タイトルなし"
asanagi2011 さん、コメントありがとうです!
確かにダンゴ代高いんですよ。今までの様々な釣り人生で一番釣行費用が高い気がします(汗)
だから、かかり釣りは若い人が少ないんでしょうね。間違いない。
メーカーも10㎏1,000円とかのオールインワン商品出せば良いと思います。
そうしたらかかり釣り人口増えますね!
しかし、私はリーマンなので、そろそろ嫁の堪忍袋が、、、(笑)
2012.05.30 19:16 | URL | #- [edit]
asanagi2011 says... ""
多分どこのポイントに釣行されてもかなり通用する配合かと思います。
これで寄り付かないようなら、ほぼ100%チヌが悪いと言えるのでは(笑)

でも、リーンな配合の私からするとお値段に目が飛び出そうですぅ~!

2012.05.30 18:17 | URL | #SFo5/nok [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。